金利も低くおまとめローンとしても利用価値の高い三井住友銀行カードローン

低金利で認知度の高いメガバンクのカードローンの三井住友銀行カードローン。その低金利カードローンの三井住友銀行カードローンがおまとめローン向けなのか検証します。まずはスペックから。

三井住友銀行カードローンのスペック

名称 三井住友銀行カードローン
金利 年4.0%〜14.5%
借入可能額 最高800万円
保証会社 SMBCコンシューマファイナンス株式会社
申込可能年齢 満20歳以上満69歳以下
収入証明書 300万円以内不要

最高金利が年14.5%と小額借入にも使える万能タイプになっています。保証会社は三井住友フィナンシャルグループで、審査能力の高い老舗消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスです。このあたりもおまとめローンとして利用するに当たり心強いですね。

 

三井住友銀行カードローンの高額借入帯の金利が低いのかどうか金利表をチェックしておきましょう。

三井住友銀行カードローンの適用金利

契約極度額借入利率
100万円以下年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下年4.0%〜4.5%

高額といっても500万円以上の借り換えはとても現実的ではありません。500万円だとしても年6.0%〜7.0%ですので、借り換えとなると約半分ほどの金利になるはずです(最高金利が適用されていたと仮定すれば)。

 

三井住友銀行カードローンはおまとめローンとしては十分て金利ということがいえますので、あとはおまとめローンとして申込者の受け入れがあるかどうか?編集部でしっかり検証しました。

三井住友銀行カードローンではおまとめローン・借り換え利用が受け付けられているのか?

おまとめローンとしてカードローンを利用する上で、受け入れ態勢ができているかどうかはとても重要になります。

 

 

それはカードローンの審査方法がおまとめ・借り換えでの申込を想定しているかどうかによって変わってくる為です。


おまとめローンの場合、必ず既存の借入があるわけですから既に借り入れる額低くなっているわけです。そこへ既存の借入額と同額の借入を希望するわけですから、

 

 

既存の借入+おまとめに必要な金額の合計金額で申込者に返済能力があるかどうか見られるわけです。


おまとめローンで利用するということは、既存の借入はなくなる訳ですから借り入れる額だけで審査してもらわないといけないのに、おまとめ・借り換えでの申込を想定していないと倍の金額で審査されるので審査に通る可能性はきわめて低くなります

 

 

三井住友銀行カードローンの場合は上図のように、しっかりおまとめ・借り換えの申込を想定して受入体制を整えています。あとは申込フォームでしっかりおまとめローンとしての利用を伝えるだけです。

 

ここでおまとめローンとして三井住友銀行カードローンに申込む場合には、申込フォームの選択を間違わないようにしてください。三井住友銀行カードローンには、

 

 

  • かんたんお申込
  • 通常お申込

があります。かんたんお申込は30万円までの申込ですから間違う事はないと思いますが、こちらの申込フォームでは三井住友銀行カードローン側におまとめの意思が伝わらないのです。ですので必ず通常お申込から申込んでください。

 

 

かんたんお申込通常お申込の違いはかんたんお申込は30万円までになっていますので、小額の借入を希望の方には申込フォームの入力項目を少なくしてかんたん入力してもらおうと言う三井住友銀行カードローンの配慮で入力項目が少なくなっています。

 

かんたんお申込 通常お申込
入力項目23+アンケート1 入力項目32+アンケート2

 

これは保証会社でもあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでもこの方式が採用されています。編集部でのルートで得た情報によると、入力項目はかんたんお申込の方が少ないですが、審査は入力項目の多い通常お申込の方が早く済むそうです。

 

 

三井住友銀行カードローンの通常お申込で申込んだ場合は、上図のように”お申込について”の項目でしっかりおまとめローンの意思を伝えることができます。現在の借入件数・借入額を正確に入力し、同金額を希望金額に入力して”借入返済資金”を選択すれば完了です。

 

しっかり三井住友銀行カードローン側に借り換え意思が伝わりますので、審査後・若しくは審査中に電話が掛かり借り換えの確認を取ってくれるはずです。そうなれば既存の借り入れは完済されることを想定して審査されますので審査には有利になります。

三井住友銀行カードローンの全容を徹底分析

三井住友銀行カードローンに申込める人はどんな人?

三井住友銀行カードローンはCMも流されるほどですから申込者も広い範囲で募集しています。メガバンクですか全国カバーしていますので、申込地域が制限される事もありません。年収制限もありませんのでパート・アルバイトでも申込可能です。ただし、

 

 

三井住友銀行カードローンでは収入のない専業主婦の申し込みはできません


専業主婦は自身には収入がないので与信はありませんが、まず間違いなく収入のある配偶者がおり、大抵の場合は財布を握っているので実は与信はあります。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、専業主婦を受け入れる可能性のあるのになぜか三井住友銀行カードローンでは申込不可になっています。三井住友銀行カードローンは低金利カードローンなので残念ですが、専業主婦の方は他のカードローンを選択しなければなりません。

収入のない専業主婦が旦那さんに内緒で申込めて最短即日融資可能なカードローン
おすすめカードローン 即日融資 配偶者への在籍確認 金利 専業主婦借入可能額
じぶん銀行カードローン どの金融機関口座でも最短即日融資 電話連絡なし 年2.2%〜17.5% 最高30万円

※スマートホンで見る場合は表をスライドしてください。

 

専業主婦は申込めませんが、パート・アルバイトでの申込は可能ですので、パートで安定収入がある主婦であれば申し込みが可能です。また20歳以上でアルバイトで安定収入があれば学生でも申し込みが可能です。

 

学生は申込不可の銀行カードローンも多い中、借り入れる金額は限られてきますが貴重な銀行カードローンになっています。また、三井住友銀行カードローンでは年金受給者も申し込むことができ、三井住友銀行カードローンは申込年齢が70歳未満までと高齢になっているので、年金受給者もチャレンジできます。

三井住友銀行カードローンの借入方法

三井住友銀行カードローンでの借入方法は、

 

 

  • 三井住友銀行ATM・提携ATMによる借入
  • SMBCダイレクトへの振込融資
  • 登録した三井住友銀行の口座への自動融資

になります。おまとめ利用の場合は現金をATMで借入するのはちょっと危ないので、振込による融資を利用するのが安全だと思います。そうなるとSMBCダイレクト(三井住友銀行のインターネットバンキング)に申込んでおく必要があります。

 

三井住友銀行の口座を持っていれば申し込みはすぐできますし、開設もすぐできます。三井住友銀行の口座を持っていない場合は、おまとめローンならそれ程急ぐ事もないでしょうから口座開設してから融資を受けてもいいと思います。

 

それも面倒なら既存借入先の返済先口座の情報を持って三井住友銀行のATMへ行き、融資を受けたその場でATM似て振り込み返済すれば安全でしょう。

三井住友銀行カードローンは銀行の中でも数少ない自動契約機を持つカードローン

おまとめ・借り換えには”即日融資”というのはあまり関係ないとは思いますが、三井住友銀行カードローンは銀行の中でも数少ない自動契約機を持つカードローンになっていますので、カードの即日発行が可能です。

 

三井住友銀行支店内やプロミスの店舗に併設されているなど、全国でも約1,370箇所に設置されていますので少し足を運べばカード発行が可能です。これなら土日祝日での最短即日カード発行も可能になりますので、即日融資に関しては他の銀行カードローンを大きくリードします。

 

即日の振込に関してはSMBCダイレクトには最短で即日振込可能になっていますが、三井住友銀行の普通口座や他行口座への即日振込や振込融資のサービスはありません。小額の借入でどうしても振込融資を受けたいというのであれば、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどの大手消費者金融がいいでしょう。

大手消費者金融なら最短即日融資可能
おすすめカードローン 自動契約機 即日振込 金利 借入可能額
プロミス 全国に約1,700台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※1 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 全国に約1,700台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※1 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 全国に約1,109台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※2 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 全国に約435台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※3 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートホンで見る場合は表をスライドしてください。
※1 平日14時までにオンライン契約完了で可能
※2 平日14時までにオンライン契約完了で可能
※3 平日14時50分までにオンライン契約後に振込手続き完了で可能。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行カードローンの返済方法は、

 

 

  • 三井住友銀行ATM・提携ATMによる返済
  • 指定の(登録した)三井住友銀行口座から自動引落
  • 振込による返済

の方法があります。おまとめローンとして利用する場合はある程度返済期間が長くなるはずですので、自動引落にしておいたほうがいいでしょう。そのためにはやはり三井住友銀行の口座が必要です。既に持っている場合は念のためSMBCダイレクトに申し込んでおきましょう。

 

おまとめローンでも下記の定額の約定返済額が毎月引き落とされる事になります(自動引落を選択した場合)。それでも返済額はそれ程高くないので余裕のある月は随時返済していかないと元金はなかなか減りません。

 

例えば150万円をおまとめローンで借り換えた場合は、当初の返済金額は2万9千円で、残額が10万円減っていくたびに2,000円返済額が減っていくのでなかなか終わらないようなシステムになっています。これが残高リボルビング方式で、どこのカードローンでもこれを実行しています。

 

おまとめローンをする場合、当初の返済額が低いのは非常に助かるのですが、いつまでもそのシステムに甘えていると返済が終わりませんので、しっかり随時返済していかないといけません。

三井住友銀行カードローンの約定返済額
約定返済時の借入残高約定返済金額
2千円未満の場合約定返済時の利息金額と借入残高の合計額(ただし2千円を上限とします。)
2千円以上50万円以下10万円以下の場合2,000円、以後借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加
50万円超300万円以下60万円以下の場合11,000円、以後借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加
300万円超500万円以下350万円以下の場合40,000円、以後借入残高が50万円増すごとに5,000円を追加
500万円超800万円以下600万円以下の場合60,000円、以後借入残高が100万円増すごとに5,000円を追加

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入