プレミアムコースでおまとめローンできれば最高な住信SBIネット銀行のMR.カードローン

MR.カードローンは借換えやおまとめとしても申込可能なネット銀行のカードローンです。MR.カードローンは利用限度額と基準金利の違う2つのコース(プレミアムコース、スタンダードコース)に分けられていますが、審査結果によって決定されますのでコースを選択して審査が行われるわけではありません。

MR.カードローンのスペック

名称 MR.カードローン
金利 年0.99〜14.79%
借入可能額 最高1,200万円
保証会社 SMBCコンシューマファイナンス株式会社・住信SBIネット銀カード株式会社
申込可能年齢 満20歳以上満65歳以下

MR.カードローンのプレミアムコースでは借入可能額は1,200万円と高額融資を象徴するような金額となっていますが、それに比例して金利(優遇金利適用時)も超低金利設定になっています。ですが、現実的に考えておまとめローンとして対象となる既存の借入の合計は多くても500万円前後だと考えられますので実際におまとめの対象となる既存の借入額の合計をしっかりと把握しておく事が大事です。

MR.カードローンの適用金利

プレミアムコース
借入枠金利※金利優遇適用時
10万円以上〜100万円以下年7.99%年7.39%〜7.89%
100万円超〜200万円以下年6.39%〜6.99%年5.79%〜6.89%
200万円超〜300万円以下年5.29%〜5.99%年4.69%〜5.89%
300万円超〜500万円以下年4.99 %年4.39 %〜4.89%
500万円超〜700万円以下年3.99 %年3.39 %〜3.89%
700万円超〜900万円以下年2.99 %年2.39 %〜2.89%
900万円超〜1,000万円以下年2.49 %年1.89 %〜2.39%
1,000万円超〜1,100万円以下年2.39% %年1.79 %〜2.29%
1,100万円超〜1,200万円以下年1.59%年0.99 %〜1.49%

※ スマートフォンでは表をスライドしてご覧いただけます
※ 2017年5月1日現在の適用金利

スタンダードコース
借入枠金利※金利優遇適用時
10万円以上〜100万円以下年14.79%年14.19%〜14.69%
100万円超〜200万円以下年11.99%年11.39%〜11.89%
200万円超〜300万円以下年8.99%年8.39%〜8.89%

※ スマートフォンでは表をスライドしてご覧いただけます
※ 2017年2月1日現在の適用金利
※ 金利優遇条件はSBI 証券口座保有登録済若しくは住信SBIネット銀行住宅ローン(フラット35は除外)若しくは三井住友信託銀行のネット専用住宅ローンの残高があること

 

MR.カードローンの金利についてですがプレミアムコースの場合はどの借入枠の金利でも低金利設定となっていて利用価値は非常に高いですが、スタンダードコースの場合は他の銀行カードローンの金利と比較した場合に標準的な金利設定になっていますので比較検討してみる余地がありそうです。また、各借入枠に対しての金利がひとつなので審査通過後に適用される金利も推測できます。

 

ただ、他の銀行カードローンでは各借入枠に重複があったり、借入枠に対して金利幅を設けているケースも多いので比較するにも審査後の適用される金利によっては判断を誤る場合がありますので比較する場合は各借入枠の最高額であっても金利幅の高いほうの金利が適用されると想定して比較して選ぶのがベターかもしれません。

 

 

金利比較する場合にMR.カードローンのネックとなるのが300万円までの各借入枠での適用金利です。


というのもプレミアムコースとスタンダードコースとでは大きな金利差があり審査結果によってコースが分けられる為、いずれのコースの金利を想定して比較するかで選択するカードローンも違ってくるからです。

 

あくまでもひとつの考え方としてですが、既存の借入が300万円以下の金額でおまとめローンや借換え目的でMR.カードローンの申込を検討するのであれば、スタンダードコースの各借入枠の金利で比較検討するのが妥当だと考えます。

 

仮に与信の高い方がMR.カードローンにおまとめローンや借換え目的として申込んで融資を行うことを前提として契約を結ぶのと同じ与信の高い方が既存の借入もなく借入枠を設けるだけの契約を結ぶのとでは住信SBIネット銀行側からすれば全くリクが違うはずです。

 

なので、おまとめローンや借換え目的でMR.カードローンの金利を比較するのであればスタンダードコースの金利で検討するほうが賢明です。勿論、300万円を超える融資を希望する場合はプレミアムコースの金利で他の銀行カードローンと比較検討すれば良いのです。

MR.カードローンではおまとめローン・借り換え利用が受け付けられているのか?

 


 

実際に住信SBIネット銀行のMR.カードローンの場合、おまとめローンや借り換え目的とした申込を受付けています。ホームページでは大歓迎とはいかないまでもおまとめローンや借換え目的でもおすすめしていますので申込時に拒否されることはありません。

審査に強い消費者金融でおまとめするよりもMR.カードローンでおまとめした場合のメリットは?

おまとめローンの審査については申込者の既存の借入状況や各カードローンの審査基準によってことなる部分がありますので必ずしも消費者金融のおまとめローンに申込んだほうが良いとは限りません。確かにMR.カードローンの審査は厳しいに違いありません。

 

 

消費者金融の審査と銀行カードローンの審査は・・・


ですが、消費者金融の審査と比較するのはある意味タブーです。銀行カードローンの保証会社は主に消費者金融ですが保証会社は主に審査と保証業務を行っています。住信SBIネット銀行のMR.カードローンの保証会社も消費者金融が務めています。

 

仮に保証会社が同じであっても各銀行カードローンで審査基準が違うのは当たり前のことで審査というものは申込者の与信で判断されるもので特におまとめローンの場合は既存の借入状況も関係してくることから一般論だけで申込先を選ぶのはおすすめできません。

 

ただ、比較するまでもないですがMR.カードローンでおまとめするメリットとしては消費者金融でおまとめするよりも低金利でおまとめできるということです。例えば、消費者金融のプロミスやアコムのおまとめローンですが

  • プロミスの貸金業法に基づくおまとめローン・・・融資極度額300万円、実質年率6.3%〜17.8%
  • アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン・・・融資極度額300万円、実質年率7.7%〜18..0%

実際のところMR.カードローンのように借入枠に対しての基準金利がわかる金利表がありませんので審査に通過するまでは適用される金利は不明です。しかし、プロミスやアコムの公式ホームページによりますと

返済例のところで

  • プロミスは200万円の借入残高で実質年率15.0%を適用した場合
  • アコムは120万円の借入残高で実質年率15.0%を適用した場合

を掲載していることからあくまでも推測ですが100万円超〜200万円以下で適用される金利は年15.0%と考えられますので

 

 

MR.カードローンのスタンダードコースでは100万円超〜200万円以下年11.99%が適用されますので約3%の金利差があるということになります。


また、可能性は低いですが、もしも審査通過後にプレミアムコースということになれば更に大きな金利差になります。

 

仮に300万円の既存の借入をおまとめできたとしてプロミスで年6.3%、アコムで7.7%が適用された場合はMR.カードローンのスタンダードコースの年8.99%よりも低いという事になりますが、実際のところ、掲載されている返済例から考えるとその可能性は低いです。

 

尚、MR.カードローンは原則300万円以上の既存の借入をおまとめする場合は収入証明書を提出すれば利用できる可能性は残されていますがプロミスやアコムの場合は300万円以上のおまとめは不可能ですからその点もメリットのひとつといえます。

MR.カードローンの場合はどうなのか?


MR.カードローンでおまとめローンや借り換えで利用できるかどうかが心配なところですが、申込フォームでは借入内容のところで借入希望限度額、資金使途、現在ご利用中のローンを入力する必須項目がありますが、資金使途の候補である

飲食・交際費、レジャー資金、生活費、教育資金、ギャンブル資金、入院治療費、冠婚葬祭費、借入金返済資金、車の購入・整備費

の中から借入金返済資金を指定して現在ご利用中のローンの項目で有にチェックを入れれば借入件数と借入残高を入力することができます。おまとめや借り換えといった候補はありませんが借入金返済資金を選ぶことでおまとめや借り換え目的であることは伝わります。

 

念の為、申込手続後に電話で伝える事も可能ですが敢えて手間を取る必要もないでしょう。

以上でおめとめローン向けの住信SBIネット銀行のMR.カードローンを理解したら審査を受けて見る
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜7.99%
限度額 最高 1,200万円

MR.カードローンでおまとめローンをした後での注意事項

MR.カードローンでおまとめローンとして利用可能となった場合に注意しなければならない点がいくつかあります。というのも消費者金融の貸金業法に基づくおまとめローンのような返済専用のローンではない為、

 

 

返済する過程で自分の意志によってメリットにもデメリットにもなるからです。


おまとめ目的で融資を希望したとしても銀行カードローンの場合は融資可能となった時点で通常のカードローンの融資と何ら変わりがないからです。プロミスのおまとめローンやアコムの借換え専用ローンの場合は

 

 

原則既存の借入の返済はプロミスやアコムが本人名で直接、振込返済してくれます。


ですが、MR.カードローンで融資を受けた場合は基本的に自分で既存の借入先に返済することになりますので融資資金を全額返済にあてるかあてないかも自分の意志次第という事になりますので最悪の場合は増額融資を受けたような気になってしまう可能性があります。

MR.カードローンでおまとめローンとして融資可能となった場合には、

  • 即座に既存の借入先に全額返済すること
  • 既存の借入先に返済後は必ず解約しておくこと
  • 追加借入が可能な場合でも完済するまでは利用しないこと

以上の点に注意して利用しなければ、おまとめすることによって返済を軽減するどころか更に借金を背負う破目に陥るかもしれません。ただ、自分の意志次第では完済に向けて返済を加速させる事も可能ですからおまとめができたなら逆に気を引き締めるべきです。

MR.カードローン プレミアムコースの全容を徹底分析

MR.カードローン プレミアムコースに申込める人はどんな人?

MR.カードローンは、おまとめローンや借換え、即日融資など商品サービスに対しての対応は柔軟ですが申込できる人の条件は非常に厳しいものがあります。高額のおまとめで与信の低い方には申込させない意図は理解できますが通常の申込で

 

 

銀行カードローンを頼みどころとしている専業主婦の申込を受付けていない


点は残念としかいいようがありません。また、20歳以上の安定した収入のある学生や年金受給者も申込できない為、低金利のMR.カードローン意外の銀行カードローンや消費者金融に申込まなければいけません。但し、学生でない

 

 

安定したパート収入やアルバイト収入のある方の申込は可能です。


とはいってもMR.カードローンに与信の低い属性が申込んだところで希望の融資額で利用できるかどうかは正直疑問です。MR.カードローンの場合は与信の高い属性の方にはおすすめですが通常の与信の方ではおまとめローンとしての利用は厳しいかもしれません。

最短即日融資可能な安心して申込める専業主婦向けカードローン
おすすめカードローン 即日融資 配偶者への在籍確認 金利 専業主婦借入可能額
じぶん銀行カードローン どの金融機関口座でも最短即日融資 電話連絡なし 年2.2%〜17.5% 最高30万円

※スマートホンで見る場合は表をスライドしてください。

20歳以上の安定したアルバイト収入のある学生や安定したパート収入のある主婦でも利用可能な大手消費者金融
おすすめカードローン 学生 アルバイト・パート 金利 借入可能額
プロミス 申込可能(20歳以上でアルバイトで安定収入が必要) 申込可能(安定収入が必要) 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 申込可能(20歳以上でアルバイトで安定収入が必要) 申込可能(安定収入が必要) 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 申込可能(20歳以上でアルバイトで安定収入が必要) 申込可能(安定収入が必要) 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 申込可能(20歳以上でアルバイトで安定収入が必要) 申込可能(安定収入が必要) 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートホンで見る場合は表をスライドしてください。

MR.カードローン プレミアムコースの借入方法

MR.カードローンで融資を受ける借入方法としては

  • 住信SBIネット銀行口座への振込融資による借入
  • ローン機能一体型キャッシュカードによるATMからの借入

になりますので即日融資を受ける場合は振込融資となりますので住信SBIネット銀行の口座が事前に必要です。但し、土日祝日や他行の口座への即日振込は不可能となっていますので緊急にお金が必要な場合は消費者金融がおすすめです。また、

 

 

ATMの借入についてはイオン銀行ATM・セブン銀行ATM・イーネット(E-net)・ローソンATMのコンビニATMの利用手数料は全て無料で借入できます。


大手消費者金融なら土日祝日の即日カード発行・指定口座への最短即日振込可能
おすすめカードローン 自動契約機 即日振込 金利 借入可能額
プロミス 全国に約1,700台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※1 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 全国に約1,700台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※1 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 全国に約1,109台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※2 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 全国に約435台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※3 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートホンで見る場合は表をスライドしてください。
※1 平日14時までにオンライン契約完了で可能
※2 平日14時までにオンライン契約完了で可能
※3 平日14時50分までにオンライン契約後に振込手続き完了で可能。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

MR.カードローン プレミアムコースの返済方法

 

MR.カードローンの約定返済日は毎月5日(休行日の場合は翌営業日)で住信SBIネット銀行の普通預金口座より自動引落しされます。


なので、約定返済日は希望日を指定することができません。尚、返済方法は

  • 住信SBIネット銀行の普通預金口座の自動引落しによる返済
  • ローン機能一体型キャッシュカードでATMからの入金による返済

になり、ATMから約定返済は普通預金口座への預入れになりますので約定返済は実質、口座引落しによる返済のみとなっています。因みに随時返済はATMからの入金で行えますので完済期間を短縮する為にもマメに行うことをおすすめします。

MR.カードローン プレミアムコースの約定返済額

前月末時点の貸越残高返済額
残高2,000円以下前月末時点の貸越残高
残高2,000円超10万円以下2,000円
残高10万円超20万円以下4,000円
残高20万円超40万円以下6,000円
残高40万円超60万円以下8,000円
残高60万円超80万円以下11,000円
残高80万円超100万円以下15,000円
残高100万円超150万円以下20,000円
残高150万円超300万円以下25,000円
残高300万円超400万円以下30,000円
残高400万円超500万円以下40,000円
残高500万円超600万円以下50,000円
残高600万円超700万円以下60,000円
残高700万円超800万円以下70,000円
残高800万円超900万円以下75,000円
残高900万円超80,000円

※1 三井住友信託銀行の商品である『ネット専用住宅ローン』を含みますが、住信SBIネット銀行が取扱う『フラット35』および『フラット35 ミスターパッケージローン』は含まれません。
※2 住信SBIネット銀行所定のSBIカードとは、「SBIレギュラーカード」、「SBIゴールドカード」、「SBIプラチナカード」、「SBIワールドカード」を指します。なお、「ディープインパクトカード」、「NEXYZ.SBIカード」、「SBI ACミランレギュラーカード」、「スターフライヤーレギュラーカード」は、「SBIレギュラーカード」の取扱いとなります。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入