おまとめローンに移行すると事故情報として登録されるのか?

おまとめローンを利用することと事故情報への登録の関係

おまとめローンの利用は、たくさんのメリットがありますが、意外に知られていないメリットのひとつが「事故情報に載らない」というものです。事故情報とは、いわゆる「ブラックリスト」のことであり、消費者金融などでお金を借りた際の返済が滞納した場合などに登録されるものです。

 

ここに登録されてしまうと、その後のクレジットカードの発行や住宅ローンの利用などにおいて影響が出る可能性があります。

 

返済が滞納したという「実績」があるということなので、新規にクレジットカードを発行することができなかったりすることがあるのですが、この事故情報については現在借入を利用していなくても一定期間残りますので、それが更新されるまでは新たにお金を借りることができなくなります。

 

さて、おまとめローンを利用する場合というのは、基本的に既存の借入に対しては完済した状態での利用開始となりますので、当然ながら事故情報に登録されることはありません。

 

おまとめローンの利用というのは、いわゆる「借り換え」の一種ですので、結果だけ見れば「最初に借りた業者」に対しては完済していないように見えます。

 

確かに途中で借入先が変わっているので、中途半端な状態になっているのではないかと思われがちですが、実際には既に返済が完了した状態ですので個人情報信用機関への登録についても特に問題はありません。

 

ただし、これはあくまでもおまとめローンの利用開始時の話です。

 

その段階では既存の借入先に対しては確かに返済は完了しているものの、新たにおまとめローンを利用している先に対してはまだ返済は完了していません。

 

そのため、もしもおまとめローンの返済で滞納があった場合には個人情報信用機関に「事故情報」として登録されてしまいます。

 

返済が少しでも楽になるおまとめローンですが、「返済しなくても良い」という状態になるわけではありません。

 

おまとめローンの利用といえど、前述のように基本的には「借り換え」なので返済については滞納しないように十分注意することが大切です。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入