おまとめローンを利用した事例

おまとめローンを実際に利用する場合の利用事例

おまとめローンを利用する目的として、最も多いのはやはり

 

 

金利を下げたい!


というものではないでしょうか。お金を借りる先というのは銀行や消費者金融など様々なルートがありますが、どこで借りたとしても必ず金利というのは発生します。中には一定期間とはいえ無利息期間が用意されているところもありますが、そういったところであっても期間が経過すれば金利が適用されます。

 

そのため、借りたお金を返済するにあたりできるだけ低金利で利用するということは支払う利息の関係からも重要となってくるのですが、一度借りたお金に対してはよほどのことがない限り金利が下がるということはありません。

 

 

そこでおまとめローンの出番というわけです。


一種の借り換えがおまとめローン

おまとめローンでは、既に借入を受けているものをひとつにまとめることができるものであり、一種の「借り換え」ともいえるものです。そのため、現在利用しているところよりも低い金利で借り直すことができれば、それだけ返済も有利に進めることが可能です。

 

こうした理由からおまとめローンの利用においては

 

 

消費者金融よりも銀行のほうが人気が高くなり易い傾向


にあり、銀行カードローンの利用事例としてもおまとめローンをひとつの引合として出しているケースもたくさんあります。実際の利用については、基本的に

 

 

「既存の借入」に対する返済しか対応することができない


ため、通常のカードローンのように借りたお金で欲しいものを買うといった使い方はできません。また、銀行でおまとめローンを利用する場合については申し込みから利用開始までの時間がやや長いことや審査が厳しい傾向にあることなどから確実性が低いというデメリットもあります。

 

では消費者金融のほうが良いのかといえば必ずしもそうというわけではなく、金利の面において銀行よりも高いというデメリットがありますので、一概にどちらが優れているというものでもありません。

 

おまとめローンを利用する状況というのは人それぞれ異なりますので、業者が提示する利用事例があればこうした情報なども含め判断すると良いでしょう。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入