おまとめローンの申込から利用開始までの流れ

おまとめローンの利用をスタートするまでの流れ

おまとめローンを利用するためには、まずは利用先を決めなければなりません。利用先の選定方法については自身のもつニーズによって異なりますが、ここが決まらなければおまとめローンの利用をすることもできません。

 

申し込み方法についてはそれぞれの利用先によって決められた方法がありますので、それに従っていただくことになります。

 

おまとめローンについてはインターネットでの申し込みではなく直接店舗などを訪問して行う必要がある場合もありますので、事前に申し込み方法や必要書類を調べておくとスムーズです。

 

 

電話・店頭での受付ですがネット申込後に電話する方法が業者にも内容が伝わっているのでスムーズに進みますよ!


現在の業者に増額と新規の業者に依頼するのでは手続きが違う

また、現在利用している業者に相談して増額を受ける場合と全くの新規の業者に申し込む場合とで、やはり手続き内容や必要書類が異なります。申し込みをした後は審査に入りますが、ここでも既存の借入についての調査が事前に行われるかどうかの判断が異なります。

 

既存の借入が確認できる書類を用意しなければならない場合と、確認はすべて業者側とで行う場合とが主なケースです。

 

消費者金融業者や銀行などからお金を借りる場合では、審査において個人情報信用機関への問い合わせを行っており、

 

 

こちらに情報を照合することで借入の有無や件数、金額なども調べることは可能です。


そのため、敢えて既存借入の確認書類を用意しなくても良いとする場合もありますが、信頼度も上がりますので可能であれば用意しておくと良いでしょう。

 

ただし、おまとめローンとは直接関係のない書類についてはかえって審査を混乱させるだけになりますので注意が必要です。審査に通れば既存の借入先に返済を行います。

 

これについても、業者側で返済をしてもらえる場合とそうでない場合とに分かれます。業者側で既存の借入先への返済をしてもらえるという場合であれば返済完了の連絡を待っていれば良いのですが、自分で個別に完済しなければならない場合にはできるだけ早く手続きを済ませておきましょう。

 

既存の借入先に対して返済が完了すれば、早ければ申し込んだ翌月からおまとめローンの返済が始まります。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入