おまとめローンの審査で重視される「既存の返済期間」

 

おまとめローンを組むにも過去の返済実績がものをいう

複数の借入を一本化できるおまとめローンですが、このおまとめローンを申し込む際には、

 

 

現在の返済実績が審査に大きく関係してきます。


というのは、おまとめローンというのは基本的に

 

 

「既にどこかから融資を受けている状態」でさらにお金を借りることになります。


消費者金融や銀行カードローンなどの業者は、融資を受ける目的がおまとめローンであったとしても当然ながら既存の借入に対する返済実績を確認します。

返済実績が遅延・延滞などある場合は審査は厳しくなる

そのため、実績が芳しくない場合にはおまとめローンの利用ができない場合もあります。ここでいう「実績が芳しくない」というのは、

 

 

必ずしも既存の借入に対して返済に滞納があった場合だけでなく、「実績」そのものが乏しい場合も含まれます。


返済実績がない即ち借りて間もない場合も審査は厳しくなる

これはどういうことかといえば、まだ既存の借入に対する返済期間が短い時におまとめローンの申し込みをしても審査に通らない可能性がある、ということです。

 

 

すいません。2件目はまだ借りたばかりです・・・


複数の業者から合計2件融資を受けており、そのうち1件はまだ返済を開始して1年にも満たないという場合などは、おまとめローンの審査では「実績不足」と判断されることがあります。

 

もちろんこの間に返済の滞納などがなかったとしても、今後の利用において滞納があるかどうかという点についてはまだ返済が始まったばかりの段階ではそれを証明する手段がないためです。

勤務先への勤続期間も同様の実績を見られる

これと似た概念に、「勤務先への勤続期間」があります。勤続期間については半年〜1年以上の実績があった方がカードローンの審査では有利な材料となるとされていますが、勤続期間が短い状態では「信用」という点では判断が難しいと考えられます。

 

 

すいません転職したばかりです・・・


既存の借入に対する返済実績についても同じように、全く問題がない返済状況だったとしても、あまりに短すぎる返済期間の場合は「時期尚早」と判断されてしまうことがあります。

 

そのため、既存の借入に対する返済期間についてもできるだけ長い期間返済しているという「実績」の有無がおまとめローンでは重要となってきます。

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入