おまとめローンを利用するために必要な年収は?

おまとめローンを利用するためには、当然ながら毎月一定の金額が収入として得られているという状況が必須です。そのため、無職の人は基本的にはおまとめローンを利用して既存の借入をまとめることはできません。

 

 

年収も利用条件に組み込まれているのかなぁ・・・


ではおまとめローンを利用するためには、具体的な年収はどの程度必要でしょうか。この点については実は年収の金額をおまとめローンの利用条件として設定しているケースは少ないのが現状です。

年収を条件としていないケースの理由

というのは、おまとめローンの利用状況というものは申し込む人それぞれによって異なり、必要な融資の金額というものも一定ではないからです。確かに年収については少ないよりも多い方がおまとめローンの審査においては評価が高くなりますが、

 

 

年収の金額が高くなればそれだけ既存の借入金額も大きい可能性があるからです。


その為、年収が多い人=既存の借入金額や件数が多い人というケースもありますので、おまとめローンの審査では一概に年収が多い少ないだけで判断ができない部分もあるのです。こうした背景があることを考えると、おまとめローンの審査においては必ずしも

 

 

年収の金額が多いことが有利であるとは言い切れません。


もっといえばおまとめローンの審査では年収の金額よりも既存の借入件数や金額が重視される傾向にありますので、年収が少ないからといって審査に通らないということはないのです。

既存の借入残高とその推移

おまとめローンに限らずもともとカードローンというものは年収の金額の多い少ないよりも、その収入というものがどの程度安定していて借入残高とその推移という点が重要となっています。

 

 

年収は多いが借入残高も大きいからなぁ・・・


ましてやおまとめローンは返済専用のカードローンですので、毎月遅れずに返済することが重視されます。そうなってくると、トータルの年収がいくらあるかということよりも、その収入が毎月どれだけ安定しているか、ということの方が大きな意味をもってくるのです。

 

年収が多いからといって、おまとめローンの審査では必ずしも有利に働くことはないといえるでしょう。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入