おまとめローンへの移行時期はいつが適切?

おまとめローンを利用するにあたり、どのタイミングで移行するべきか、というのはなかなか重要なポイントといえます。移行する時期というのは、基本的にいつでも良いと思われがちですが、実際には申し込む時期によって

 

 

審査に通る可能性を左右することもありますので慎重に考える必要があります。


まず、おまとめローンを申し込むにあたり考えるべきポイントは現在ひとつにまとめたい借入件数が何件あるかという点です。

移行時期の適切なタイミングは?

あまり多すぎるとその場合もおまとめローンの審査に通らない要因となってしまいますので、概ね3件程度をひとつの目安として考えるのが一般的ですが、では既存の借入が3件に達したタイミングでおまとめローンに申し込んだら良いのかといえばそうではありません。

 

 

3件から融資を受けているからおまとめローンに移行すべきかなぁ・・・


というのは、おまとめローンの審査では既存の借入に対する返済状況というものが重視されるためであり、そのためにはある程度の返済期間が必要となってくるからです。返済期間が短い場合には既存の借入に対する返済実績が不十分と判断される可能性もありますので、

 

 

既存の借入の返済期間と返済状況の推移を把握しておくことも重要です。


審査に申し込んだとしても融資を受けられる可能性は低いでしょう。そこで、先ずは既存の借入に対しては1件あたりにつき最低でも半年以上の返済実績ができてからおまとめローンへの申込を検討すると良いかもしれません。

年度末や年度始めのおまとめローンの申込みは最適か?

また、年度末や年度始めなど、おまとめローンそのものを申し込む時期についても確認しておきたいところです。おまとめローンへの移行は利用者側のメリットがある事も勿論ですが、業者側にとっても新たな顧客を獲得できるチャンスでもあります。その為、

 

 

業者によっては新しい年度の始まりや年度末などの場合は・・・


おまとめローンの融資に積極的になっている時期でもあります。こうした時期におまとめローンへの移行を完了させることで、利用者にとっても返済計画が立てやすくなりますので、そうした意味でもおまとめローンへの移行時期は慎重に考えていきましょう。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入