おまとめローンの申し込み時期

おまとめローンを申し込む時期というのは、意外に重要なポイントです。たとえば、

 

 

どこかの業者からお金を借りていてその直後におまとめローンの申し込みをしたとします。そのような場合、かなりの確率で審査には通りません。


消費者金融に限らず、カードローンでお金を借りる場合にやってはいけないことのひとつに

 

 

短い期間に複数の業者に申し込む


というものがあります。この場合というのは、業者側にとっては

 

 

お金に困っている(=返済されない可能性が高い)


と判断されてしまい、審査でも良い材料として判断されないためです。ましてやおまとめローンともなれば、既存の借入に対する返済実績もない状態で「まとめたい」と相談されてもそれはマイナスに作用することはあってもプラスに転じることはまずないでしょう。

 

そのため、ある程度は返済実績を積み上げてからおまとめローンの申し込みをすることになります。

 

 

具体的には、最後に申し込みをした業者の利用開始から最低でも半年以上は返済実績があると良いでしょう。


また、この返済期間については既存の借入件数によって変動します。件数が多くなればその分返済が難しくなっていきますので、それに伴ってできるだけ長い期間の返済実績を積み上げることが望ましいといえます。

 

返済期間が長くなることで、それだけ多くの返済実績も積み上げることができ、その分信頼度も高くなっていきますので、問題のない返済実績であれば審査に通り可能性も上がります。

 

なお、ここで既存の返済において問題があった場合については、利用開始から1年が経過していてもおまとめローンの申し込み時期としては適切ではありません。

 

おまとめローンの審査では、特に既存の返済実績が重視されますので、もしも既存の借入に対して滞納などがあった場合には返済が正常化してからさらに1年ほど経過してから申し込むと良いでしょう。

 

過去の返済実績は、業者にとってはその人の返済実績の確認で欠かせない情報であり、その情報に応じた申し込み時期を考えるようにしましょう。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入