既存の返済実績はどの程度必要?

おまとめローンに申し込んだ場合、その審査基準というものは多くの人が気になるところでしょう。もちろん審査基準などというものは企業秘密なので明確な情報を調べることはできないのですが、そんな審査基準として確認される項目に返済実績というものがあります。

 

 

返済実績って、どの程度のものが必要なのかなぁ・・・


おまとめローンということなので、現在既に融資を受けている状態からローンを申し込むことになりますので、当然ながら既存の借入に対する返済実績を確認されることになります。

返済実績の期間は?

そんな返済実績ですが、少なくとも半年以上は必要というのが一般的な考え方です。複数の業者から融資を受けている場合であれば、その利用開始時期というのは多少のずれがあるものです。中にはまだ利用を開始したばかりのところもあるかもしれませんが、

 

 

最も直近で利用をスタートしたところに対して最低でも半年以上の返済実績が必要


という意味です。おまとめローンの審査基準として返済実績というものを確認する場合は、まずはその返済実績が基準に達しているかどうかの判断がなされます。

返済実績はあくまでも中身が重要

あまりに短すぎる返済期間であれば、その間の融資残高の推移も確認するための材料も少ないということになりますので、そこから利用実績を測ることができないからです。

 

 

返済実績の期間が短すぎるのは審査以前の問題ってことかぁ・・・


既存の借入に対する返済期間が長くなればそれだけ審査に通りやすくなるのかといえば決してそうではなく、その返済の中身についても当然ながら確認が行われます。但し、返済期間が短ければその段階でまだ時期尚早と判断されてしまい次の審査に進む事ができません。

 

 

返済実績の期間が長くてもその内容が重視されます。


おまとめローンの審査についても通常のカードローンと同じく信用が大きく影響しますので、その信用情報を判断するうえで重要なのが既存の借入に対する返済実績です。3ヶ月の返済実績と1年の返済実績、どちらが信用できる情報かといえば後者でしょう。

 

あまりにも短い返済期間ではおまとめローンの審査に通る可能性は低いといえます。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入