おまとめローンと任意整理はどう違うの?

おまとめローンを利用する時というのは、基本的に複数の業者からの借入がある状態です。借入件数が多くなればそれだけ融資残高についても高額になっていきますので、返済を少しでも楽にするための方法を考える必要があります。

 

 

おまとめローンで返済を続けていくべきかなぁ・・・


返済を楽にするための方法のひとつにおまとめローンというものがあるのですが、それとは別に任意整理というものもあります。この二つは考え方として少し似た部分があるものの、基本的には別の概念となっており、それぞれにメリットとデメリットがあります。

おまとめローンと任意整理のメリットとは?

まずおまとめローンの場合ですが、これは複数の借入を一本化するというものであり、毎月の返済管理など資金計画が楽になるといったメリットがあります。但し、借入件数は一本化できるものの、借入残高が少なくなるというわけではありません。

 

 

おまとめローンを利用しても借入残高は減らないからなぁ・・・


この点はおまとめローンを利用するうえでの注意点と言えるかもしれません。次に任意整理ですが、こちらはおまとめローンと異なり利息のカットなど現実的に返済可能な範囲での支払いを進めていく方法となります。その為、おまとめローンと異なり

 

 

任意整理は借入残高に対するトータルの返済金額も少なくすることができます。


おまとめローンと任意整理のデメリットとは?

この点は任意整理を行う上でのメリットともいえる部分ではありますが、デメリットとしては

 

 

任意整理を行うと事故情報が個人信用情報機関に登録されることになります。


その結果、新たなカードローンの借入ができなくなる等、経済活動に制限がかかる可能性もあります。事故情報が登録された人というのは、カードローンの利用において何らかの問題があった人と判断されてしまうことになりますので、

 

 

新たな借入の審査でもかなり評価が低くなってしまうのかぁ・・・


そのため、自身の経歴を事故情報として登録したくないという人の場合は任意整理よりも

 

 

おまとめローンで返済を進めていくといった方法を選ぶほうがベターです。


おまとめローンも任意整理も借入に対する返済を楽にする為の方法ですので自身の状況を総合的に考えて最適な方法を選びましょう。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入