債務整理とおまとめローンの違い

おまとめローンと債務整理の最大の違いは、

 

 

借金がなくなるかそうでないか


という点にあります。複数ある既存の借入をひとつにまとめることで、トータルで支払う利息を減らしたり、あるいは返済を楽にしたりすることができるのがおまとめローンですが、融資を受けた金額が減るというわけではありません。

 

もっとも、おまとめローンの利用目的というのは必ずしも利息を減らすということだけにあるわけではありませんので、この点については自身のニーズに沿って考える必要があります。返済日が月に1回になるだけでも、かなり返済は楽になりますのでその点をメリットと考える人もいるかもしれません。

 

それに対して、債務整理の場合は文字通り

 

 

借入を受けている分の整理


ということになります。ただし、これについては法律的な処理が必要となる関係から弁護士など法律の専門家による手続きでなければ対応することができません。

 

また、債務整理についてですが必ずしも借金がなくなる、というわけではなく、債務整理の手続きによっては「借金がなくなる可能性がある」というレベルです。この債務整理には任意整理や民事再生などがあり、自己破産もそれに含まれます。

 

自己破産をすれば既存の借入についてはすべて帳消しにすることができますが、その後のリスクなどを考えるとそうおいそれとできることではないでしょう。

 

手続きによっては裁判所に介入してもらって進めるものもあれば、専門家に間に入ってもらいつつ業者との交渉を進めるものなど様々なものがあります。

 

こちらも自身のニーズに沿って最適な手続き方法を選ぶという点はおまとめローンと共通ではありますが、根本的な部分での違いは大きいといえるでしょう。

 

おまとめローンも債務整理も、現在利用している借入に対しての解決方法のひとつです。どの方法が最適なのかについては人それぞれ事情が異なるので一概にはいえませんが、それぞれの方法について理解をしておくことは返済計画をたてるうえでも重要なポイントといえるでしょう。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入