おまとめローンと借入件数の関係性とは?

おまとめローンを利用する場合には信用情報が非常に重要視されることになります。その為信用情報に何かしらの問題があればそれがおまとめローンを利用できるかどうかに深く影響することになるわけです。

 

特に重要となる信用情報は、借り入れをしたお金をきちんと返済出来ているのかどうかという返済能力の有無で、返済が滞っていたり遅延を何度も起こしていた場合には返済能力に問題ありと判断されてしまい、

 

 

おまとめローンの利用ができない可能性が高いと考えられます。


既存の借入件数が影響するおまとめローンの審査について

おまとめローンを利用する場合に重要となるのは信用情報だけではなく、既存の借り入れ件数が審査に対して影響を与えることになります。これは借り入れ総額よりも借入件数のほうが問題となる場合がほとんどで借入件数が多ければそれだけ審査でマイナスになります。

 

 

増額した借入先があるから借入件数が少ないけど君の場合は途中で業者から増額融資の声もかからなかったのかい!


何故、借入総額よりも借入件数のほうが問題になりやすいのかと言えば、借入総額に関しては1件で200万円借りるということも考えられますので金額が高くてもその場合は複数の利用をしていないことになります。

 

 

自分の方から増額融資を問合せたところ良い返事じゃなかった記憶が・・・


しかし40万円ずつ5件から借り入れがある場合、同じ200万円でも何故そんなに多くの業者から借り入れをしているのかということが問題視されるため、金額よりも件数のほうが重要になります。

借入件数を減らす条件とは?

ボーダーラインとしては5件以上の借り入れがある場合にはおまとめローンの審査に影響を与える可能性が高くなりますので、1本化するのではなく借り入れ件数を出来るだけ少なくすることも最終的に1本化する近道となります。

 

 

新規申込みでないと既存の借入先で件数を減らすなんてできないのでは・・・


既存の借入先だけで借入件数を減らす方法としては、出来るだけ金利の低い借入先を選んで増額申請を行い、増額が可能であればそちらでお金を借りて他の借入先の返済を済ませてしまうという方法が有効です。

 

 

件数を減らす為に希望融資額を低くして新規で申込むのは間違った方法だよ!既存の件数が多い状況では件数を減らす目的であっても審査を通過できる可能性はないよ!


勿論、この場合には増額融資ができるという前提である為、増額ができない場合は借入金額が少ない借入先から早めに完済するもしくは借入残額の少ない借入先への返済を融資枠のある借入先から借りて返済に充てるなどして件数を減らす方法もあります。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入