貸金業法に基づくおまとめローンが利用できない可能性

アコムやプロミスといった消費者金融でおまとめローンを利用する場合、「貸金業法に基づくおまとめローン」といった文言が見受けられます。これは何かといえば、消費者金融で融資を受ける場合に関係してくる規定「総量規制」に関係しています。

 

 

消費者金融でもおまとめローンの利用はできますか?


総量規制とは、消費者金融で融資を受ける際に年収の3分の1を上限として規定しているというもので、たとえばプロミスでは最大で500万円まで融資可能となっていますが実際に500万円の融資を受けるためには年収が最低でも1,500万円必要という計算です。

 

 

総量規制の対象外のおまとめローンの利用は可能です。


総量規制の対象外のおまとめローンでも利用できないケースとは?

この総量規制では例外規定があり、「顧客に一方的に有利になる借り換え」の場合は年収の3分の1を超えて融資が可能となります。そのため、おまとめローンのように高額の融資でも消費者金融で対応が可能です。但し、ここでネックとなるのがその条件です。

 

貸金業法に基づくおまとめローンを利用するためには、借り換えた結果既存の借入条件よりも有利な条件でなければなりません。たとえばトータルで支払う利息が少なくなる、あるいは毎月の返済額が少なくなるといった条件が必要です。

 

 

利用できないケースもありますか?


この部分の何がネックとなるのかといえば、ひとつは「既に低金利のところから融資を受けていてそれをまとめる場合」です。

 

 

あなたにとって有利でなければ貸金業法に基づく条件に外れますが仮に利用できたとしても全くメリットがありません。


特に銀行系カードローンを利用して融資を受けている場合というのは、消費者金融に比べて低金利である場合が多いため、おまとめローンでまとめようとしても「有利な条件」で借り換えができない可能性があります。その場合には総量規制の例外規定の条件を満たすことができず、消費者金融でおまとめローンが利用できないといった結果になるケースがあります。

銀行おまとめローンの考え方

おまとめローンは銀行系カードローンで融資を受けている場合にはその分についてはまとめることができない可能性を考慮し、消費者金融業者から借入を受けている分のみについてまとめるといった方向で考えると良いでしょう。

 

いずれにしても、どんな場合でも無条件でまとめることができるわけではない可能性があることは理解しておく必要があります。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入