おまとめローンと借り換えローンの違いについて

おまとめローンは複数の借入をひとつにまとめることで返済しやすくすることを目的としたローン商品です。そんなおまとめローンですが、「借り換えローン」のひとつといえますが、借り換えローンとは具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

おまとめローンと借換えローンはどう違うのかなぁ?


おまとめローンとは?

まず、おまとめローンからについてですが、これは既存の融資に対してひとつにまとめるという点にあります。そのため、おまとめローンを利用するためには既存の借入というものが複数あることが前提となります。

 

 

3件の借入の場合はやっぱりおまとめローンを利用すべきだよね・・・


2つ以上の融資に対して1つのローンにまとめることで返済先もひとつになり、返済計画も立てやすくなるということが基本的なテーマとなっています。

 

 

必ずしもおまとめで返済が楽になるとは限らないのよ。


消費者金融や銀行系カードローンの場合は高額の融資を受けるほど低金利が適用されますが、逆に少ない金額の融資の場合は高い利率が適用されますので、多くの利息を支払う必要があります。

 

 

通常のカードローンのように繰り返しキャッシングは可能なのかなぁ?


そこで、返済先をひとつにまとめることでトータルの返済額を少なくすることがおまとめローンを利用することの目的でもあります。

 

 

おまとめローンの特徴は「返済専用」のローンであるという点です。


その為、融資を受けた分に対しては既存の借入に対する返済にしか使うことができません。

借り換えローンとは?

それに対して「借り換えローン」の場合は現在利用している借入に対してまた別のところから借り直すというものです。

 

 

借り換えローンの場合は複数をまとめれないのかなぁ・・・


一般的には新しい業者から融資を受けて以前まで利用していたところに返済をし、その後は新しい業者を利用する、という方法が「借り換えローン」の方法となります。その意味ではおまとめローンも借り換えローンの一種といえるのですが、

 

 

借り換えローンの場合は必ずしも既存の借入が複数の場合は利用できないというわけではありません。


 

 

やっぱり、借換えローンも返済専用になるのかなぁ・・・


 

 

おまとめローンと異なり必ずしも返済専用というわけではありません。


既存の借入を借り換えることから基本的な利用そのものはこれまでと同じようにできるという特徴もあります。いずれも返済を楽にすることを目的としたローンであるという点は共通しています。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入