消費者金融でおまとめローンを利用する場合総量規制は適用されるのか?

おまとめローンの利用先として消費者金融を考えているという人もたくさんいます。その背景にあるのが、

 

 

おまとめローンの利用であれば消費者金融であっても総量規制の例外となるため、高額の融資が受けることも可能だというものです。


総量規制という法律では、以下の条件を満たした場合のみ「例外規定」が適用され、消費者金融であっても年収の3分の1を超えて融資を受けることができるようになっています。

 

 

  • 毎月の返済額または返済総額が借り換え前よりも少なくなること
  • 借入残高の金利が借り換えによってそれ以下に低くなること

金利が低いところで借り換えることができればトータルで支払う返済総額についても少なくなることや、おまとめローンも「借り換え」の一種であることから消費者金融業者の中でもおまとめローンを商品として用意しているところが増えています。

 

おまとめローンの利用を消費者金融で行う場合、毎月の返済額については変わらずにトータルの返済額が低くなるといったパターンが多くなると思われますので、特に大きな問題なく利用できるのではないでしょうか。

消費者金融でのおまとめローンは返済専用になり完済へ向けて集中する事になる

ただし、ここで注意したいのがおまとめローンの利用後は、基本的には「返済専用」のローンとなる、という点です。消費者金融の特徴として、融資可能な借入残高の範囲内で繰り返し融資を受けることができるというものがありますが、おまとめローンに関してはこの特徴は適用されないと考えておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに、既存の借入に対しては「完済」という扱いになりますので、総量規制の法律的には新たに借入をすること自体は可能です。しかし、

 

 

おまとめローンの利用においては新たな借入をした場合は規定違反とみなされることがありますので避けた方が良いでしょう。


何より、複数ある既存の借入に対して返済を楽にすることを目的としておまとめローンを利用することになりますので、このうえさらに融資を重ねるのは得策ではないでしょう。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入