おまとめローンにも利用できるアコムの借り換えローンと通常のキャッシングとの違い

消費者金融大手のアコムでは、通常のフリーキャッシングに加えて「借り換え専用ローン」という商品も用意されています。この借り換え専用ローンとは、すでにアコム以外の消費者金融業などで融資を受けている分に対してアコムで借り換えを行うというものであり、たとえば複数の債務をまとめる「おまとめローン」などに利用することができます。

 

おまとめローンなどで利用できるアコムの借り換え専用ローンの特徴は、

 

 

総量規制の例外となる融資であるという点です。


すでにアコム以外のところからお金を借りている場合、その借入総額は年収の3分の1という上限に近付いている可能性がありますが、アコムの借り換え専用ローンであれば年収の3分の1を超えて融資を受けることができる可能性があります

 

申込みの際に他社借入情報をしっかり記入し、借り換え専用ローンで申込む事をオペレーターにしっかり伝える事で借り換え専用ローンで審査されます。

アコムの借り換え専用ローンでおまとめローンをする

アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
おすすめおまとめローン検索

アコムの借り換え専用ローンをおまとめローンとして利用する際の注意点

アコムの借り換え専用ローンは借り換えの際に利用する事ができますが、以下の借り換えには利用できませんので注意してください。

 

 

借換えの対象となる債務は『貸金業者(みなし貸金業者を含む)』からの借入債務に限るので銀行・クレジットカードのショッピング等は対象外になります。


銀行というのは、担保融資等の事をさしてると思うのですが未確認です。カードローンは大丈夫だと思うのですがちょっと確認しておきますね。

確認しました!

銀行のカードローンも借り換えの対象にならない用ですので注意してくださいね。要するに

 

 

クレジットカードのショッッピング枠の返済・銀行のカードローンの借り換えはアコムではできないと言うことです。


その他の大手消費者金融でのおまとめローン

その他の大手消費者金融でのおまとめローンの利用も可能なことが確認できています。消費者金融での借り換え商品はすべて

 

 

貸金業法に基づく

  • おまとめローン
  • 借り換え専用ローン

としてホームページに記載されています。モビットの場合はこの『貸金業法に基づく・・・』の記載はないですが、同様に借り換え作業が可能です。もちろん借り換えが可能かどうかは審査結果によります。プロミス・モビットでおまとめローンとして借り換える場合も

 

 

クレジットカードのショッッピング枠の返済・銀行のカードローンの借り換えはできない


ということは念頭においておきましょう。

プロミス・モビットをおまとめローンとして利用する

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

アコムの借り換え専用ローンで借り換えれないものとは?

なお、このアコムの借り換え専用ローンでおまとめなどの借り換えが利用できるのは貸金業法に基づき融資を行っている業者に限定されますので、いわゆる消費者金融業者からの融資が該当します。そのため、銀行で借りているカードローンやクレジットカードのショッピングについては適用されませんので注意が必要です。

 

 

そういったものに該当してしまう場合には以下のおまとめローンで申込んでみる事が最適です。


アコムの借り換え専用ローンで借り換えれない場合のおまとめ先

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円

オリックス銀行

金利 年利 1.7〜17.8%
限度額 最高 800万円

金利 年利 0.99%〜7.99%
限度額 最高 1,200万円

さらに、このアコムの借り換え専用ローンの申し込みについては基本的に店舗または自動契約機での直接契約に限定されています。通常のフリーキャッシングと異なりインターネットを利用したオンライン申込には対応していませんので、こうした点についても注意が必要です。フリーキャッシング 審査と異なる点としては、必要となる書類の違いがあります。

 

アコムからお金を借りる場合、50万円以内であれば原則として運転免許証などの身分証明書だけで利用可能ですが、おまとめローンなどに利用できる借り換え専用ローンの場合には身分証明書に加えて源泉徴収票や確定申告書類といった収入証明書も必要となります。

 

返済についても通常のようにATMなどで支払をするのではなく、原則として口座振替で行われることになりますので、引き落とし口座の届け出印も必要です。

 

収入の少ない学生では借り換えの利用はやめておいたほうが無難です。

アコムのおまとめローンは土日の契約は可能?

複数のカードローンを利用している場合には支払いが面倒になるのと無駄な利息の支払いが発生する為、おまとめローンという複数債務を一つにまとめることが出来るローンの利用が効果的となります。アコムでそのおまとめローンに申込む際には、

 

 

土日でも申し込み可能なのかといった疑問が出てきます。


おまとめローンには消費者金融のおまとめローンと、銀行のおまとめ可能なカードローンの2種類があり、それぞれに土日に申し込みできるかどうかが異なります。

アコムを含む消費者金融のおまとめローンの場合

まず消費者金融のおまとめローンに関してはインターネット申込後に、

 

 

  • 店舗
  • 無人契約機
  • 電話

での申し込みが出来ます。その中で土日に審査から利用まで可能になるのは、アコムを含む消費者金融では無人契約機と店舗と電話のの全ての申込方法で可能となるため、近くの無人契約機に出向き契約を行うか、電話でおまとめローンの審査を進めていくことになります。その場合に必要となるのは

 

 

身分証明書と収入証明書、そして現在借り入れがあるカードローンの残債と借りているローン会社がどこなのかが分かるものが必要となります。


申し込みに関しては無人契約機の指示や電話オペレーターに従い必要事項を記入して審査が行われ、審査に問題が無ければその日のうちにおまとめローンの利用が可能となります。

 

アコムをはじめとする消費者金融のおまとめローンの場合には、総量規制の例外を利用した商品となる為、その条件に沿って

 

 

アコムや消費者金融の現在の借入業者への代理返済となるので直接申込者に融資されることはありません。


銀行のおまとめローンの場合

銀行の場合はおまとめローンという商品は存在しておらず(東京スター銀行のスターワンバンクローンのおまとめローン・のりかえローンなどの専用商品も一部ある)、通常のカードローンがおまとめにも利用できるという形で提供されています。これは銀行の場合は貸金業法での営業ではなく総量規制が無いためで、

 

 

別途おまとめローンという商品を用意する必要が無いためです。


銀行の場合は店舗での申し込みやwebでの申し込み、電話での申し込みなどが利用できます。その場合の手順としては金額により用意する書類が異なり、銀行の定める金額以下であれば身分証明書のみでOK、それ以上の場合は収入証明書が必要となります。

 

基本的に通常のカードローンの申し込みですので、現在借り入れのある残債などは提示する必要がありません。銀行の場合も早ければその日のうちに利用可能となりますが、土日に利用できるのは一部のインターネット銀行や新興銀行のみとなっており、

 

 

地方銀行などは土日に申し込みを行うことが出来ないケースがほとんどです。


また通常カードローンとしての審査ですが、借り換え・おまとめとなると借入金額が大きくなる事から審査が遅くなってしまう事がほとんどです。この場合は銀行に電話して借り換え・おまとめの意思を伝えたり、申込フォームに借り換え利用の選択がある銀行カードローンに申込めば話は早くなりますし、審査もスムーズです。

 

こういった事情もあるため、土日におまとめローンを利用するのであれば、消費者金融のほうが利便性が高いと言えるでしょう。消費者金融の場合はほとんどの場合で土日の契約が可能、銀行の場合は一部の銀行を除き契約は難しいと考えたほうが良いと言えます。

アコムのおまとめローンの申込手順

アコムでおまとめするにはどうすればいい?

アコムでおまとめローンを利用するときには、まず借りている金額が証明できるような状態になっていなければなりません。これを証明できないと、本当に借りているのかどうかがわからないので、あっさりと審査に落とされてしまうのです。

 

ちなみに年収に対して3分の1以上の借入が残っていた場合でも、おまとめローンは利用することができます。これは貸金業法によって定められていることであり、普通の借入は年収の3分の1程度に制限することを消費者金融に求めていますが、

 

 

おまとめなどのように有利になる方法については制限を撤廃することができます。


これによって、自分が借りるときに有利となる方法であれば、アコムのように消費者金融でもおまとめローンで大金を借りることができます。アコムでは「貸金業法に基づく借換え専用ローン」がそれにあたります。

 

おまとめローンは、現在の借入などの精査をしなければなりませんので、必要な書類として借金の証明書が追加されることになります。借りている残高さえわかっていればいいので、全ての会社から借りていることの情報を出すようにしてください。

ひとつにまとめて借り換えてしまえば残るは返済だけ

この情報を提出した後で、実際に貸し出しができるかどうか判断されて、アコムは現在借りている人の名義で他の会社の清算を行ってくれます。これによって全ての借金はアコムのものとなり、借りる人はアコム側にお金を返していけばいいのです。

 

融資を実際にされているわけではありませんが、借金を返済することで融資されていると判断してください。まとめることができないローンも幾つか用意されており、まず銀行から借りているローンは対象外になります。カードローンならいいですが、

 

 

住宅ローンやマイカーローンは全て対象外です。


またクレジットカードのキャッシング枠は対象となりますが、ショッピング枠は対象に入っていません。ショッピング枠を纏めたいと思っても、それは絶対に認められないので断られてしまいます。この2つの借金は対象にならないことを理解して、おまとめローンを利用してください。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入