どちらがお得?おまとめローンと債務整理

おまとめローンを利用することを考えたことがあるという人であれば、「債務整理」という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか。いずれも複数の業者から借入を受けている場合などに返済を楽にすることを目的としたものですが、実際にはどちらの方法がお得なのでしょうか。

おまとめローンのメリット・デメリットを知る

ここではおまとめローンと債務整理のメリットとデメリットについて解説していきます。まず、おまとめローンのもつメリットといえば主に以下の2つが挙げられます。

 

 

  • 複数の借入を1つにまとめることで返済をしやすくする
  • 既存の借入先よりも低金利で借り換えるることでトータルで支払う利息を少なくする

特に前者の借入を一本化するという方法はおまとめローンの代表的なメリットといえます。次におまとめローンのデメリットですが、これは以下の点が挙げられます。

 

 

  • 借入金額そのものが0円になるわけではない
  • 借入件数が少なくなるため新たに借入を受けやすくなる

あくまでも既存の借入をまとめるだけなので、借金そのものが減るわけではない、という点を理解しておきましょう。

債務整理のメリット・デメリットを知る

次に債務整理のメリットとデメリットですが、ここでいう「債務整理」とはいわゆる

 

 

  • 自己破産
  • 特定調停
  • 個人再生

を含めたものとなっています。この場合のメリットはそれぞれの整理方法によって異なりますが、いずれの場合も共通しているのが

 

 

既存の借入額に変化がでるという点です。


それによって返済そのものをしなくても済む場合もでてきます。逆にデメリットとしては、

 

 

債務整理をしたという情報が個人信用情報機関に登録されるという点です。


登録される情報は最低でも5年といわれていますので、少なくともこの期間については新たにカードローンの利用やクレジットカードの発行はできないということになります。

 

結局のところどちらがお得なのか、という点についてですが、その後の経済活動に支障がないことを優先するのであれば「おまとめローン」ということになります。自身の置かれている状況を判断して失敗のない方法を選ぶようにしましょう。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入