おまとめローンの審査に通らないのはこんな場合

おまとめローンでは利用にあたり一定の審査を受ける必要があります。この審査は通常の融資を受ける場合と同じく、その人の返済能力を判断することを目的としていますが、当然ながら審査に通らない可能性もあります。

 

ここでは、審査に通らない理由についてどのようなものがあるのか確認してみましょう。まず、おまとめローンの審査に通らないケースとして考えられるのは主に以下の通りです。

 

 

  • 既存の借入件数が多い
  • 短期間に複数社から借入を受けている
  • 勤務先への勤続期間が短い

既存の借入件数が多い

既存の借入件数はおまとめローンの審査においては極めて重要な審査基準です。当然ながらここでは件数は少ない方が信用情報としては高いと考えられますので、あまりにも多い件数を抱えたままおまとめローンに申し込んでも審査に通る可能性は低いといえるでしょう。

 

 

アコム・アイフル・モビット・レイクの4件から借りてしまってるな・・・


短期間に複数社から借入を受けている

次に「短期間に複数社から借入を受けている」場合ですが、これはおまとめローンの審査に限らず信用情報としては低くなる要因となります。

 

もちろん1社だけでは必要な金額が賄えない場合というのもあるかもしれませんが、それでもあまりに短い期間内に申し込みを繰り返していると審査では良い印象にはなりません。このような場合にはある程度時間を空けてから申し込むようにしましょう。

 

 

アコム・モビットで2ヶ月連続で借りてる・・・少し期間あけよう


勤務先への勤続期間が短い

3つめの「勤務先への勤続期間が短い」場合もキャッシングの審査ではマイナス材料となる要因のひとつです。おまとめローンに限らず、返済能力というものはその人の「信用」が大きく影響しますが、たとえばまだ転職して日が浅い人などの場合は、信用情報が低い状態と判断されてしまいます

 

ましてやおまとめローンのようにただでさえ高額の融資を利用する場合などは審査基準もより厳格なものとなりますので、こうした点にも注意したいところです。

 

 

3ヶ月前に転職したばかり・・・


ここに挙げたのはあくまでもおまとめローンの審査に通らない一例ではありますが、自身の状況を振り返ってみて心当たりがあれば、それぞれの項目に対して対策を講じる必要があります。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入