全てを消し去り再び歩みだす方法である自己破産

大掛かりな借金を抱えていたとしても、それを返すことができないこともあります。このようなときに利用するのが自己破産であり、最後の手段として用いられることとなります。

 

 

これは裁判所の判断により、自己破産を行ってもいいとされた時点で可能となる方法です。


債権者の判断などではなく、裁判所側が行ってもいいとされた段階で、自己破産を認めてくれることとなります。裁判所へ行かなければならない点、そして借金の経緯についても重要になる点には気をつけなければならず、基本的には司法書士の方と力を合わせて行っていく方法となります。自己破産のメリットについては、

 

 

全ての借金を減らすことができて、完全に無い状態にしてくれることです。


返済をする必要が無くなり、どれだけ残っていたとしてもそれは全て無に帰ることになります。借金の無い生活を取り戻すことができるだけでなく、精神面での安定も図れるようになるため、今後の生活をやり直していけるだけの状態を作り出すことができます。

 

しかし全てを減らすことができる反面、代償としてはかなり大きなものを背負っていかなければなりません。まず

 

 

持っている財産の中から、返済に充てることが可能となるものは全て処分対象となり、強制的に売却して債権者に支払いをしなければなりません。住宅や車などを失ってしまうことが、自己破産のデメリットといえることになります。


他にデメリットとなっているのが、

 

 

官報に掲載されることによって、誰でも自己破産をしていることが把握できる点です。


これらは掲載されている情報をしっかり見れば、行っている人の名前などが分かっているので、近所の人に知られることもあります。全ての借金を消し去る方法でもありますので、ある程度時間がかかることも覚悟しなければなりません。

 

処分に時間がかかれば、それだけ自己破産が完了することができないので、これもデメリットとなります。裁判所の判断によっては、認められずに他の方法を選ぶ必要があるのも問題になります。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入