大幅な借金減額をして立て直しをする個人再生

大量の借金を抱えていて、どうしても減額をしたいと考えているときには、個人再生を利用することになります。こちらは

 

 

裁判所に申し立てを行い、個人再生法を利用することを伝えた後、裁判所の判断で認められれば交渉を行えるようになります。


そして大幅な借金減額を認めた後、指定されている期日までに支払いを終えることが必要となります。この方法については、裁判所に申し立てをしない限り行うことができないので、

 

 

必ず裁判所へ行かなければなりません。


当然審査と呼ばれるような方法が取られますので、必要なことはしっかり話をしなければなりません。裁判所については、借金の経緯を踏まえて審査を行うようにしていることから、基本的に借金の経緯については重要なものとなります。

 

経緯によっては認められない可能性もありますので、司法書士の方としっかり話をして、駄目だと思われないような方法を模索していかなければなりません。当然司法書士の方の力が必要となりますので、依頼をしてから望むことが重要になります。この方法のメリットとしては、

 

 

まず大量にある借金を減らすことができて、かなり小さい借金にできることです。


どれだけあっても、指定されている数字まで減額することが可能となっていて、その範囲までならどれだけ残っていても支払わなくてもいいです。返済計画についても既に決められており、このとおりの実行していけば大丈夫という状態になっているので、返済についてもそこまで苦労することはありません。

 

これもメリットといえることで、返済計画によっては早めに完済することもできます

 

 

しかし官報に掲載されることとなる


ので、行ったことは色々な人に知られる恐れがあります。また個人再生最大のデメリットは、完了するまでに時間がかかり、1年以上必要となってしまう場合があります。裁判所の判断を終えても、債権者との交渉などが控えているので、これらを全て終えて認められない限りは、個人再生を行えません。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入