任意整理を裁判所経由で行う特定調停

任意整理は裁判所を利用しなくても大丈夫ですが、

 

 

特定調停は裁判所を利用しなければなりません。


裁判所を経由して、色々な交渉などを進めていくこととなり、最終的に全ての手続きが終われば任意整理同様に支払額を減らしていけることとなります。方法については裁判所が加わっているだけで、後は任意整理と大体に多様な形を取ることになります

 

裁判所を使って話をすることになりますので、基本的には借金の経緯がある程度重要視され、

 

 

経緯によっては裁判所が特定調停を認めないことがある


ので、あまりよくない方法で借りているのであれば司法書士の方と相談をすることになります。この方法は司法書士の力を借りたほうがいいので、できる限り利用することが望ましいですが、個人でも頑張ればできる方法でもあります。

 

しかし個人ではかなり困難な内容が多いので、結果的に司法書士や弁護士の力を借りたほうが成功しやすく、また色々な手続きのためには力を借りたほうがいいのです。この方法については、裁判所を経由することによって、

 

 

強制的に執行されることがある手続きを解除できる可能性があります。


一部の用件については、強制執行手続きを止めることができて、特定調停の内容によって処理することができるのです。これが特定調停の持っているメリットとなります。

 

しかし特定調停は任意整理と同じくらいしか減額することができないので、裁判所を利用して行うことで余計な時間がかかってしまいます。さらに過払い金の請求については、任意整理と違って行うことができなくなるので、返してほしい金額があったら任意整理を選ばないと戻ってきません。

 

差し押さえについても、特定調停はかなり行いやすくなっていて、債権者が求めればすぐに執行されることがあります。これらのデメリットに加えて、期間が長くなりやすいという問題点も抱えているので、必ずしも特定調停はいい方向に向かってくれるとは考えず、方法を理解して行うことになります。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入