任意整理をする

借金で困っている方がおまとめでは追いつかない場合、一番最初に考えていく方法が

 

 

任意整理です。


この方法は、金利を本来の数字に戻すことによって、利息を減らすことで減額できる方法となります。任意整理については、債権者との交渉をすることが必要となり、この交渉によって認めてもらえれば適応されます。

  • 相談によって交渉がまとまらなかったり
  • 指定されている金利が範囲内であり減額できるとは判断されない場合

は使えません。裁判所に申し立てをする必要性は無く、行いたい場合は自分から債権者に伝えるようにすることで、交渉を行うことができます。任意整理については、裁判所に申し立てる必要がありませんので、基本的に借金の経緯についてはあまり問われません

 

借りている人と貸している人が、交渉をすることによって減額を考えていく方法となりますので、経緯などによってできませんというのはありません。司法書士や弁護士を立てなくても一応できますが、基本的に立てないと交渉を纏めることができなかったり、これ以上の取立てを止めるための方法を適応できないので、

 

 

任意整理についてはできる限り司法書士などの力を借りるようにしてください。


この方法のメリットについては、

  • 簡単な交渉によって減額ができること
  • 任意整理を行ったことを知られないこと

があります。交渉については、相手側が認めてくれればその時点で終了となり、交渉期間が比較的短いことが一番いい部分です。また裁判所に申し立てを行っていないために、任意整理をしたこと自体は知られていません。

 

何らかの方法によって漏れてしまうことが無く、自分が行っていることはなかなか知られないのです。一方で減額できる範囲が小さく、大量の借金が残っている場合は使いづらいデメリットを持っています。

 

また指定されている期日までに、完済しなければならないので、任意整理を行う場合は、しっかりした計画を立てないと成功しない可能性があります。デメリットをよく考えないと、成功しない方法でもあります。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入