おまとめローンの返済が滞納した場合にはどうなる?

おまとめローンの返済目的と返済が滞納になった場合

おまとめローンは、既存の複数ある借入をひとつにまとめるというものですが、これが通常の融資を受ける場合と異なる点として、

 

 

「目的が固定されている」というものがあります。


たとえば消費者金融でお金を借りる場合というのは、その借りたお金の使い道は何であっても構いません。事業性資金として利用するのでなければ、基本的に何に使っても構いませんし、その使い道によって消費者金融がお金を貸してくれないということもありません。

 

 

しかし、おまとめローンの場合はそうではありません。


そもそもおまとめローンで借りたお金というものは、既存の複数ある借入先に対して返済をするために借りたものであり、その後の利用についても基本的に「自由」というわけにはいかない事情があります。

 

特に消費者金融の場合では、おまとめローンについては総量規制の対象外となる融資となりますので、これを別の目的で使うとなると、総量規制の対象となってしまいます。こうした理由などから、おまとめローンでは基本的に利用目的を固定しており、その後の返済についても一定の制限がかけられています。

 

ではこのおまとめローンの返済が滞納するとどうなるか。この場合においては、通常のカードローンの利用と同じと考えて良いでしょう。つまり、一定の利率による遅延損害金が発生し、その分も含めて支払いをする必要が出てきます。この遅延損害金については、

 

 

利息制限法で法定利率の1.46倍を上限として定められており


当然ながら返済が滞納した場合のペナルティとなることから通常よりも高い利率が適用されることになります。とはいえ、おまとめローンの場合であってもこの法定利率を超えて請求することはできません。

 

実際に適用される利率についてはおまとめローンを利用する業者によって異なりますが、多くの場合は20%前後の遅延損害金利率となっています。おまとめローンは返済を楽に進めるための方策なので、延滞しないように注意することも大切です。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入