おまとめローンの利用で関係する法律

おまとめローンを利用するにあたり関係してくる法律について

複数の業者から借入を受けている場合、それぞれの業者に対して返済を個別に行うのはとても面倒です。そこで、これらをひとつにまとめることで返済先もひとつになる「おまとめローン」の利用がおすすめなのですが、実はここでは様々な法律が関係しています。

 

実際におまとめローンを利用する分に関してはそれほど気にする必要はありませんが、こうした法律を理解しておくとさらにお得におまとめローンを利用することができますので、この機会に確認しておくと良いでしょう。

貸金業法

まず、おまとめローンをはじめお金を借りる場合に最も関係してくるものといえるのが「貸金業法」です。アコムやプロミスといった消費者金融を利用してお金を借りる場合には、「総量規制」といって年収の3分の1を超えて利用することができませんが、この「総量規制」の規定があるのが貸金業法です。

 

おまとめローンを利用する場合、どうしても複数の借入をまとめる関係から高額の融資が必要となり、年収の3分の1以上の借入をひとつの業者に相談することになります。

 

この場合、消費者金融でおまとめローンを利用する場合であれば貸金業法の総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1以上の金額を借りることが可能となり、高額の融資を受けることができるようになります。

 

貸金業法では、融資を受ける人が借入分に対して返済するにあたり、その返済を有利に進めることができる「借り換え」であれば総量規制の対象ではない、とする規定が盛り込まれています。

 

これが消費者金融であっても高額の融資が受けられるという根拠となるものであり、返済する意思があれば法律はその後押しをしてくれると考えることもできます。

 

この他、おまとめローンに関する法律としては出資法や民法、利息制限法なども絡んできます。

 

借入を一本化するための方法としてはおまとめローンが最も代表的ですが、この他にも法律の専門家に間に入ってもらうといった方法もありますので、法的な背景も知っておくと安心です。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入