オリックス銀行カードローンはおめとめローン利用推奨のカードローン

オリックス銀行カードローンは一見金利が高いようでおまとめローンに向いていないように見えますが、実は超おまとめローン向きです。まずオリックス銀行カードローンのスペックをチェックしておきましょう。

オリックス銀行カードローンのスペック

名称 オリックス銀行カードローン
金利 年利1.7%〜17.8%
借入可能額 最高800万円
保証会社 オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
申込可能年齢 満20歳以上69歳未満

最高金利は高めに設定されていますが、ここが低くても小額借入の場合はそれ程利息は変わりません。おまとめローンの場合は重要なのは高額借入帯の金利です。なのでオリックス銀行カードローンの借入額別の適用金利表をチェックしておきましょう。

オリックス銀行カードローンの適用金利

コースご利用限度額借入利率(年)
800万円コース700万円超800万円以下1.7%〜4.8%
700万円コース600万円超700万円以下3.5%〜5.8%
600万円コース500万円超600万円以下
500万円コース400万円超500万円以下4.5%〜8.8%
400万円コース300万円超400万円以下
300万円コース200万円超300万円以下5.0%〜12.8%
200万円コース150万円超200万円以下
150万円コース100万円超150万円以下6.0%〜14.8%
100万円コース100万円
100万円未満コース100万円未満12.0%〜17.8%

金利に幅があるので少し不安になりますが、これは与信の高い人(貸し倒れのリスクの低い人)には同じ借入枠でも低い金利にというローン業者の特性がありますので、与信が高ければ低い金利が提供される事になります。

 

適用金利表を見たところオリックス銀行カードローンでは以上の内容を踏まえると、それなりの低金利になっているカードローンと言えます。ただおまとめローンで最重要なのは金利ではなく、

 

 

おまとめローン・借り換えを受け付けているのか?審査に通るのか?という事なのです。


おまとめローンや借り換えを受け付けていなければそもそも審査には通りませんし、審査に通らなければまとめることもできません。

 

また、おまとめローンは一般でカードローンを申込む場合よりももちろん審査は厳しくなります。なぜなら既に他社借入を複数抱えているからです。他社借入を抱えている状態で、おまとめローンや借り換えを受け付けていないカードローンに申込む場合、

 

審査ではおまとめ・借り換えの意思が伝わっていない為、既存の借入+おまとめの為の新たな借入の合計金額になるので倍の額で審査され、審査に通らない事がほとんどです。

オリックス銀行カードローンではおまとめローン・借り換え利用が受け付けられているのか?

オリックス銀行カードローンがおまとめローン・借り換えが受け付けられているかどうか見分ける方法は、ホームページで確認すればすぐ分かります。

 

 

この部分で大々的におまとめローン歓迎の内容を伝えていますが、その他の部分でもおまとめ・借り換えOKを伝えています。

審査に強い消費者金融でおまとめするよりもオリックス銀行カードローンでおまとめした場合のメリットは?

審査に通るかどうかがおまとめローンで最重要だと説明しましたが、

 

 

それなら大手消費者金融がいいんじゃないの?


という質問を頂きました。消費者金融でのおまとめ・借り換えは総量規制という制限があります。おまとめ・借り換えと分かっていても、前述の既存の借入+おまとめの為の新たな借入の合計金額で総量規制に照らし合わされるので、ほとんどの場合が総量規制に抵触してしまいます。しかし総量規制には例外と言うものがあり、

 

 

”顧客に一方的有利となる借換え”は総量規制の例外とし、総量規制の範囲を超えて貸し付けてもよいということになっています。


”顧客に一方的有利となる借換え”はおまとめローンに当たり、大手消費者金融のプロミス・アコムの場合は、この総量規制の例外を利用しておまとめローンの商品を用意しています。ですので審査を通したいのなら大手消費者金融のプロミス・アコムを選択するのも一つの方法です。

 

ただし、この総量規制の例外を適用認可された商品を大手消費者金融が用意するにあたり、”顧客に一方的有利となる借換え”が遂行できるような不便な条件が付けられています。それが、

 

 

銀行の借入(カードローンを含む)・クレジットカードのショッピング枠はこの総量規制の例外適用商品では借り換えられない


ということなのです。例えば消費者金融から100万円、銀行カードローンから50万円の借入をこの総量規制の例外を適用した商品でまとめることはできません。通常審査となると既存の貸金業者からの借入100万円とまとめるために借りたい金額150万円の合計の250万円で総量規制に照らし合わせなければならないので、年収が750万円以上必要となってきます。

 

もちろん年収が750万円以上あればこの大手消費者金融で通常申し込みも可能なのですが、そうでなければ法律的に申込条件を満たしておらず、大手消費者金融でまとめることは不可能となります。

オリックス銀行カードローンの場合はどうなのか?

オリックス銀行カードローンは銀行カードローンなので、銀行カードローンにしかない総量規制には関係のない商品というメリットを活かすことができます。年収の1/3以上でも法律的には借りる事が可能(審査に通るかどうかは別問題です)ですし、申込フォームでも借り換え利用がしっかり伝わるようになっていますので、既存の借入+おまとめの為の新たな借入の合計金額で審査されることもありません。

 

 

上図のように申込フォームに”借り換え”を選択できるようになっているので、下の”現在ご利用中のローン”と希望借入額を照らし合わせるとおまとめローンであることがオリックス銀行カードローン側に伝わりますので審査もスムーズです。

オリックス銀行カードローンでおまとめローンをした後での注意事項

オリックス銀行カードローンでおまとめローンをした場合、大手消費者金融の総量規制の例外を適用した商品でまとめる場合と違って、借り換えの為に借りたお金が手元に融資される形となります。大手消費者金融の総量規制の例外を適用した商品の場合は、余程の中小消費者金融が借り換え対象でない限りは、大手消費者金融による代理返済となり、借り換えのための融資は一切自分の元には入ってきません。

 

ですからまず第一関門として注意しなければならないのが、

 

 

借り換えの為に融資されたお金を使い込まない!


ということです。お金を手にした瞬間に悪魔がささやく人は沢山います。

 

 

少しくらい大丈夫やろう・・・


こう考える方も沢山いる事は編集部のデータでもあります。オリックス銀行カードローンでおまとめローンの融資おりたらまず、

 

 

確実に既存借入先に返済することが重要です。


まずは借入先を一本化して毎月の返済額と金利を下げて一安心、返済に集中できる環境を作る事が先決です。

毎月の返済額が少なくなった、金利が低くなったでできるゆとりが落とし穴になるので注意

おまとめローンで毎月の返済額や金利が下がった時に、多重債務者が必ず陥る状態が、

 

 

借金が減ったような勘違いをしてしまう


という症状です。これは編集部でも沢山のおまとめローンをした方を見てきた中で、ほとんどの方がこの症状に陥るのを確認しています。おまとめローンは返済額も金利も大抵の場合は下がりますが、

 

 

毎月多かった返済額を低くして、完済の時期を先延ばししているだけなのです。


もちろん金利が低くなっている分で返済額も多少は減っていますが、毎月の返済額が減った分だけ返済期間が長くなり、利息も少なくなってはいますが支払う期間は長くなっているのです

 

しかし毎月の返済額が多すぎて返済できないので、おまとめローンが最適な解決方法になっているだけなのです。これを借金が減ったと勘違いしてしまうとまた同じことの繰り返しで、再び借入を増やしてしまう事になってしまいます。

 

おまとめローンに成功したということは、知り合いなどに迷惑を掛けずに解決できたということになりますので、周りで『また借りるんじゃないぞ!』と注意してくれる人もいないでしょう。当サイトをご覧になられた方はぜひこういう症状に必ずなるということを知っていてもらえたら、自分で注意するようにしてくださいね。

オリックス銀行カードローンの全容を徹底分析

オリックス銀行カードローンに申込める人はどんな人?

オリックス銀行カードローンは現在では年収制限はありませんが、以前は年収制限がありました。200万円でしたのでそれ程高い年収ではありませんでしたが、これでもパート・アルバイトには厳しいハードルでした。しかし現在では、

 

 

パート・アルバイトでも安定収入があればオリックス銀行カードローンに申込む事が可能です。


おまとめするということになると、パート・アルバイトでは厳しい気もしますが、まとめる額にもよりますので一概にダメとは言えません。しかし、

 

 

収入のない専業主婦・年金受給者・学生はおまとめ・借り換えはおろか、一般申し込みもできません。


ですのでこれらの申込不可能な属性の方は他のカードローンを検討しないければいけません。

収入のない専業主婦が旦那さんに内緒で申込めて最短即日融資可能なカードローン
おすすめカードローン 即日融資 配偶者への在籍確認 金利 専業主婦借入可能額
じぶん銀行カードローン どの金融機関口座でも最短即日融資 電話連絡なし 年2.2%〜17.5% 最高30万円

※スマートホンで見る場合は表をスライドしてください。

アルバイト・パート・学生でも無利息サービス付きで申込める大手消費者金融
おすすめカードローン 学生 アルバイト・パート 金利 借入可能額
プロミス 申込可能(20歳以上でアルバイトで安定収入が必要) 申込可能(安定収入が必要) 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 申込可能(20歳以上でアルバイトで安定収入が必要) 申込可能(安定収入が必要) 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 申込可能(20歳以上でアルバイトで安定収入が必要) 申込可能(安定収入が必要) 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 申込可能(20歳以上でアルバイトで安定収入が必要) 申込可能(安定収入が必要) 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートホンで見る場合は表をスライドしてください。

オリックス銀行カードローンの借入方法

オリックス銀行カードローンの借入方法は、

 

 

  • 提携ATMによる借入
  • 指定口座への振込融資

で借入する事ができます。おまとめローンとして利用する際は、金額が大きくなりますので振込融資の方がいいでしょう。振込融資が可能な”指定口座”はネット申し込みの際に登録した自分の持っている口座になります。

 

 

編集部の場合はジャパンネット銀行にしましたが、ほとんどの口座が登録可能になっていますので、よく利用する口座や自動振替で利用している口座を選ぶのがおすすめです。提携ATMは、

 

 

コンビニ提携ATMのセブン銀行ATM・イーネットATM・ローソンATM・イオン銀行ATMをはじめ、三菱東京UFJ銀行ATM・三井住友銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM・西日本シティ銀行ATMを提携ATM手数料無料で利用できます。


全ての提携ATMを提携ATM手数料・時間外手数料を無料で利用できるカードローンはあまりないので便利なカードローンといえます。ただしオリックス銀行カードローンは最短即日審査は可能ですが、

 

 

申込日の即日融資のサービスはありません。


即日融資を希望する場合は、スピード融資で自動契約機もある大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融なら最短即日融資可能
おすすめカードローン 自動契約機 即日振込 金利 借入可能額
プロミス 全国に約1,700台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※1 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース 全国に約1,700台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※1 実質年率4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム 全国に約1,109台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※2 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット 全国に約435台設置 どの金融機関にも最短即日振込可能※3 実質年率3.0%〜18.0% 最高800万円

※スマートホンで見る場合は表をスライドしてください。
※1 平日14時までにオンライン契約完了で可能
※2 平日14時までにオンライン契約完了で可能
※3 平日14時50分までにオンライン契約後に振込手続き完了で可能。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

オリックス銀行カードローンの返済方法

オリックス銀行カードローンの返済方法は、

 

 

  • 提携ATMによる返済
  • 指定口座からの口座引落
  • 返済専用口座への振込による返済

があります。申込時に約定返済方法(毎月の定時返済方法)を口座引落にするか振込(ATM)による返済にするかをネット申込時に選択します。”指定口座”とは前述の登録口座になります。(一部口座引落に利用できない金融機関がありますのでオリックス銀行からの電話の際に確認が必要です)”返済専用口座”は編集部では三井住友銀行カトレア支店になっていました。

 

毎月10日・月末(オリックス銀行休行日には翌営業日)のどちらかを返済日としてネット申込時に選択することができます。

 

 

口座引落を選択した場合には、毎月10日・月末いずれか選んだ方の日に登録口座から下記約定返済額が口座引落されます。振込(ATM)返済を選択した場合は、毎月10日・月末いずれか選んだ方の日までにATMで下記約定返済額以上をATMか振込にて入金します。

 

振込(ATM)返済の場合は、下記約定返済額以上の返済額が随時返済額になり、元金より差し引かれます。口座引落の場合は、ATMか振込で入金する事により随時返済が可能です。口座引落を選択した場合は、オリックス銀行カードローンのローンカードが郵送されてきた際、同封の”預金口座振替依頼書”ニ捺印の上返送しないと口座振替が開始できません。

オリックス銀行カードローンの約定返済額
借入残高毎月のご返済額
30万円以下7,000円
30万円超50万円以下10,000円
50万円超100万円以下20,000円
100万円超150万円以下30,000円
150万円超200万円以下35,000円
200万円超250万円以下40,000円
250万円超300万円以下45,000円
300万円超400万円以下50,000円
400万円超500万円以下60,000円
500万円超600万円以下70,000円
600万円超80,000円

オリックス銀行カードローンの最低返済額は借入残高10万円以下で7,000円からと少々高めですが、おまとめローンとして利用した場合は最低でもこれくらい返済していかないと完済できませんので問題はありません。

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入