みずほ銀行カードローンはおまとめローンや借り換え向けではないことが判明

みずほ銀行は銀行カードローンも運営しています。おまとめローンとして利用できる姿勢は見受けられませんが、審査に通った借入可能額を現在借入している会社の返済に利用することはできます。

みずほ銀行カードローンのスペック

名称 みずほ銀行カードローン
金利 年2.0%〜14.0%
借入可能額 最大800万円
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション
申込可能年齢 満20歳以上満66歳未満

カードローンを契約は、みずほ銀行の普通預金口座を持っていないとできません。消費者金融とは違って総量規制対象外の銀行が運営しているので、融資額の幅は大きく低金利で借りれる可能性があるのがみずほ銀行カードローンの特徴だと言えます。

みずほ銀行カードローンの適用金利

極度額 基準金利 引き下げ適用後の金利※
10万円以上100万円未満 年14.0% 年13.5%
100万円以上200万円未満 年12.0% 年11.5%
200万円以上300万円未満 年9.0% 年8.5%
300万円以上400万円未満 年7.0% 年6.5%
400万円以上500万円未満 年6.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円 年2.0% 年1.5%

みずほ銀行カードローンではおまとめローン・借り換え利用が受け付けられているのか?

みずほ銀行カードローンでは借り換え・おまとめについての利用の可否が明確されていません。これはみずほ銀行カードローン側で借り換え・おまとめについての受け入れ態勢ができておらず、

 

 

みずほ銀行カードローンは借り換え・おまとめローン向けではないといえます。


 

申込フォームでもカードローンの利用目的で、借り換え・おまとめの選択ができませんので、審査は非常に厳しいものとなるはずです。借り換えやおまとめ利用で申込んでいるにもかかわらず、

 

 

みずほ銀行カードローン側にはただ複数のカードローンで借りている債務者としか見られていないからです。


みずほ銀行カードローンの全容を徹底分析

みずほ銀行カードローンに申込める人はどんな人?

みずほ銀行カードローンの借り入れには年齢制限があって、20歳以上66歳未満になっています。

 

 

みずほ銀行カードローンでは年齢20歳以上で安定収入があれば申込できます。


しかし消費者金融機に比べると審査が厳しいのは事実です。しかし前述の通り、小額借入の金利が低くなっている為、審査基準が厳しく設けられているので、収入があるだけでは貸してくれないケースもありますから、あまり期待できない審査には次の審査に影響がでますので申し込まない方がいいのです。

 

みずほ銀行カードローンの申し込みは手続きはそんなに難しくはありませんが、申込フォームは結構面倒です。申込時にみずほ銀行口座を持っていなければ、同時申し込みをするかみずほ銀行の支店へ行って口座を作らなければならないので、近くにあるかどうかも関係してきます。

 

みずほ銀行口座を持っていると本人確認書類等などの面倒が省けて、家族に知られることなく申込めます。しかし借りるということは返済のことも考えて置かないとできません。もし返済できなくてブラックリストに載ったりすると社会人になって、住宅ローンなどの融資を受けるときに不利になるのです。

 

無収入の専業主婦は、2010年の改正貸金業法が施行によって総量規制が実施された結果、貸金業者からお金を借りることは難しくなりました。カードローンやキャッシングへの申し込みは配偶者の同意が必要な場合もあります。しかし専業主婦でもお金を借りる必要がでてくることはありますよね?

 

 

みずほ銀行カードローンでは配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申し込身が可能なんです。


でも不思議なことにみずほ銀行カードローンの融資条件は、安定した収入があるかたとなっているのです。でも、みずほ銀行カードローンの申し込みのページを見ていくと「収入がなく、配偶者に収入がある方のお申し込み」という欄があってそこに記入できるようになっているのです。

 

勿論無収入の専業主婦ですから融資額は低くて30万円迄なのです。ですから配偶者の収入について書き込む必要があって、安定性の低い収入状態であったならば審査に通らないこともありうるのです。専業主婦にとって、みずほ銀行カードローンは頼りがいのあるのです。

 

毎月一定額の年金を貰っている年金受給者が、みずほ銀行カードローンを利用できる稼動かは、要は安定した収入があればカードローンは借りられるということになっていますが、働いた収入でないのでどう扱われるかが気になりますよね。消費者金融だとほとんど借りれませんが、みずほ銀行カードローンでは一応年金給者でも借りられるようになっています。”一応”としているのは、

 

 

年齢制限が66歳未満までとなっていますので、事実上難しいと判断した為です。


年金の場合は継続して貰えますが、安定収入という見方をしているカードローンは非常に少なくなっています。もちろん問題は審査に通るかですが、年金額はそれほど高くはなく、消費するだけの年金受給者の審査は厳しいものとなります。

年金受給者申込可能で申込年齢の高い銀行カードローン
おすすめカードローン 年齢制限 金利 借入可能額
リザーブドプラン 20歳以上70歳以下 年9.0%〜14.0% 最高800万円

みずほ銀行カードローンでは申込可能としながら、年齢的な問題で事実上申し込みが不可能になっているのが現状です。また年金受給者申込可能なカードローンでも、返済を鑑みると50万円を超えることは難しいと推察されます。

みずほ銀行カードローンの借入方法

みずほ銀行カードローンでの借入方法は、

 

 

  • ATMで借りる
  • インターネットバンキングよりみずほ銀行口座へ振込融資

みずほ銀行専用のATMやコンビニATMさらに提携している金融機関やゆうちょ銀行から借りられますから便利です。ATMから借りるときは、タッチパネルの指示に沿って操作すれば良いので簡単です。一度借りてさらに追加で借りたいときにも何度でもATM経由では借りることがます。

 

二つ目は、インターネットバンキングを経由してみずほ銀行口座へ振込融資で借りることができます。ですからパソコンやスマートフォンさらには携帯電話を使って借りられるのです。でも祝日は借りられないので注意しておいてください。

みずほ銀行カードローンの返済方法

基本的に返済手数料は無料でみずほ銀行カードローンの返済方法は、

 

 

みずほ銀行返済用口座からの自動引き落しのみになります。


カードローン自動引き落しでみずほ銀行の普通預金口座より月々で自動引き落しされます。ですからATMからの振込みなどでは返済できません。みずほ銀行の普通預金口座に返済額が入ってないと返済はできないのです。ちなみに早く完済する方法には、繰上返済をすると便利です。「カードローン任意返済」か「みずほダイレクトでのカードローン取引」の2つの返済方法があります。

みずほ銀行カードローンの約定返済額
2012年7月31日のみずほ銀行カードローンの規約改定後の契約かつ契約200万円以上の場合
前月10日のご利用残高毎月のご返済額
1万円未満前月10日現在のご利用残高
1万円以上100万円以下1万円
100万円超200万円以下2万円
以降100万円を増額した幅毎2万円に1万円ずつ加算した金額
2012年7月31日のみずほ銀行カードローンの規約改定前契約若しくは契約200万円未満の場合
前月10日のご利用残高毎月のご返済額
1万円未満前月10日現在のご利用残高
1万円以上50万円以下1万円
100万円超100万円以下2万円
以降50万円を増額した幅毎2万円に1万円ずつ加算した金額

 

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。
1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入