おすすめおまとめローンに申込む前におまとめ診断

おまとめローンはどうしても借入金額が大きくなる為、通常カードローン審査よりも厳しくなってしまうのはいた仕方ないことです。もちろんおまとめローンのメリットである

 

 

  • 返済金額の軽減
  • 借入利率の軽減
  • 複数返済の手間の軽減

以上の恩恵は審査に通らない事には受けることはできませんので審査に通るおまとめローンに申込まなければなりません。


ですのでおまとめローン審査に申込む際のひとつの目安となる審査に通るかどうかに着目しておまとめローンを選ばなければなりません。

おすすめおまとめローン検索


おすすめ借り換え用カードローン絞り込み検索

あなたの借り換えに最適なカードローンを借り換え状況で絞り込み検索できます。あなたの借り換え状況を以下の5つのパターンから1つ選択し、この条件で絞り込み検索ボタンを押してください。

1件の借り換え
全て総量規制対象の複数の既存借入
銀行カードローンを含む複数の複数の既存借入

消費者金融を含む貸金業者からの借入を借り換える際のおすすめおまとめローン

 

  • 毎月の支払が厳しくなってきたのでおまとめローンでまとめたい
  • 複数を金利の高い借入枠で借りているのでまとめて金利を低くしたい

こういった方はすでにおまとめローンの審査に厳しい状態にあるかもしれません。どうせまとめるなら少しでも金利の低い銀行カードローンでまとめたいと言うのが心情ですが、銀行も薄利で大きいリスクを背負う事はできません。ですから審査はもちろん厳しいものになってきますし、審査自体も保証会社がしますのでかなりリスクを排除した審査になってしまうのです。

 

かといって審査をしっかりしてくれる保証会社もしている消費者金融でおまとめローンをしようと思っても消費者金融は総量規制の対象業者ですから年収の1/3までしか借りる事はできませんのでおまとめ利用が事実上不可能になってきます。

 

 

本当に消費者金融でおめとめローンは不可能なの?


いいえ安心してください。総量規制には例外と言うものがあって顧客に一方的有利となる借換えは総量規制の対象外になります。おまとめローンとして消費者金融を利用する事によって、

 

 

  • 月々の返済額が小さくなる
  • 借入額が増える事によって金利が低くなる

これが顧客に一方的有利となる借換えすなわち消費者金融をおまとめローンとして利用する事になるのです。ですので消費者金融申込みの際にしっかりおまとめローンとして利用することを伝えれば顧客に一方的有利となる借換えで処理されて審査能力の高い消費者金融で申し込みができるようになるのです。

審査能力の高く総量規制の例外適用商品のある消費者金融でおまとめローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

※おすすめランキングは当サイトからの申込統計によるものです。

銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠がまとめる借り入れに含まれる場合のおすすめおめとめローン

審査をしっかりしてもらえる事はおまとめローンを申込む上では必須の条件ですが、大手消費者金融はその条件に合致します。その大手消費者金融で総量規制の範囲を超えてもおまとめローンする方法を前述しましたが、この借り換え元の中に、

 

 

  • 銀行からの借入(銀行カードローン)
  • クレジットカードのショッピング枠

が含まれていると前述の総量規制の例外の適用を受けることができません


この場合どうすればいいかというと、審査に通る範囲内であるか否かを見極める事にあります。銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠をまとめる際の総量規制の範囲は、少し異なりますので例にとって考えて見ましょう。

 

年収:600万円
銀行カードローンからの借入:100万円
消費者金融M社からの借入:50万円

 

この借り入れを大手消費者金融でまとめたいとします。この場合の総量規制の範囲は通常であれば、

 

 

既存借入:150万円+借り換えのための借入希望額:150万円=300万円 > 年収の1/3となりますので消費者金融から借りることは出来ません。


しかし、銀行カードローンやクレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象ではありませんので実際の計算方法は、

 

 

既存借入:50万円+借り換えのための借入希望額:50万円=100万円 < 年収の1/3となりますので一般申し込みで消費者金融で借り換えが可能です。


このようにちゃんと計算すれば総量規制の範囲内に収まり、消費者金融で申込める場合が多いのでしっかり計算しましょう。総量規制の例外適用商品で申込む必要はないので、この場合はモビットでも借り換えが可能です。

審査能力の高い大手消費者金融でおまとめローンを申込む

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 年3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

※おすすめランキングは当サイトからの申込統計によるものです。

与信のある方のおすすめは銀行のおまとめローン

 

  • 借り換え額が年収の1/3以内だし与信は大丈夫
  • 急いで借りたのでもっと低金利なところで借り換えたい
  • 銀行からの借入・クレジットカードのショッピングをまとめたい

こういった方は断然銀行カードローンのおめとめローンがおすすめです。銀行からの借入やカードローン・クレジットカードのショッピングは消費者金融ではおまとめローンできませんので必然的に銀行カードローンでまとめることになります。

 

年収の1/3の範囲内であれば逆に銀行カードローンがおまとめローンの審査も通る可能性が高いので高額も低金利ないかのカードローンがベストになります。

高額も低金利なおめとめローン向けの銀行カードローン

MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

※おすすめランキングは当サイトからの申込統計によるものです。

おまとめするローンの件数の多い場合の対処法

おまとめローンの審査でのマイナス要素に

 

 

  • まとめる金額
  • まとめる件数

というものがありますが、まとめる金額というのは返済しなければ減りませんのでこれは動きようのない事実です。しかし、件数というのはもしかすると減らせる可能性はあります。

 

というのも現在借りているカードローンの借入枠に空きがあった場合、そこで借りて他のカードローンを完済できる可能性があるからです。どういうことかというと、

例えばA社で30万円、B社で20万円、C社で50万円の合計100万円を借りていて、それぞれ借り入れ枠が50万円出ていたとします。この100万円をまとめたい訳ですが、件数を減らしたい場合、
A社の借り入れ枠の余りの20万円でB社の20万円の借入を完済する、若しくはB社の借り入れ枠の余りの30万円でA社の30万円の借入を完済することで借り入れ件数を3件から2件に減らすことができます

どうしても借り入れ金額が大きくなり、審査が厳しくなるおまとめローンですからなるべくマイナス要因を排除して審査に望むのもひとつの手段になります。

編集部おすすめの消費者金融でおまとめローンを申込む際の注意点

冒頭でもお伝えしましたが、総量規制対象業者である消費者金融でもおまとめローンの申し込みができることがわかったと思いますが、いくつかの注意点をお伝えしておきます。

年収・おまとめ金額にもよりますが総量規制の例外ではなくても申込める場合がある

借入額にもよりますが、年収が高ければ総量規制に抵触することなく消費者金融でおまとめすることができます。総量規制の例外を使わなくてもということですね。逆に年収が少なくても借入額が少なければ総量規制に抵触することなく消費者金融でおまとめすることができます。

 

では一般申込でおまとめローンとして消費者金融を利用する借入額の目安はいくらくらいなのか?いくつか例を挙げて検証してみます。

年収500万円の方はいくらくらいまで一般申込の消費者金融でおまとめローンの審査が可能?

総量規制では借入総額が年収の1/3を超えて貸してはいけない法律ですのでおまとめローンの場合、

 

 

他社借入+申込金額が年収の1/3を超えていれば申し込みをしても審査に落ちます。


ですので次のような目安公式ができます。

 

 

他社借入+申込金額<年収÷3


おまとめローンで利用する場合は他社借入=申込金額になりますのでこれを年収500万円で計算すると、

 

 

年収500万円÷3÷2=約83万円


という計算になります。ですので年収500万円の方は83万円の他社借入合計まで消費者金融の一般申込で審査可能ということです。これはあくまで審査可能な範囲ですのでギリギリの金額をおまとめする場合は総量規制の例外で申込むのが賢明です。

おまとめローンの審査が厳しい場合には?

おまとめローンの審査が厳しい場合には、しっかりその原因を考えて次の行動を起こさなくてはいけません。厳しいからと言ってあちこちのおまとめローンに申し込んでも状況はひどくなるばかりです。

 

おまとめローンの審査に厳しいとがっくり肩を落として諦めてしまう方も多いですが、しっかり考えれば対策は可能な場合が多いのです。慌てあちこちに申し込むと逆に申込ブラックとなり、審査に通らなくなるようになってしまいます。

 

 

貸金業者は信用情報機関に属しており、その種類は複数あるもの、自社の情報をその信用情報機関に提供する代わりに信用状機関のデータベースから情報を引き出すことができます。


ですので他者で申込んで審査に落ちた情報は実は次に申込む金融機関にも筒抜けなので申込時の情報を、一度落ちてしまったからと言って細工してもばれるのでそういったことをしても審査が通るものも通らなくなってしまうので絶対にしてはいけません
編集部ではやはり審査実績のあるアコム・プロミス顧客に一歩的に有利な借り換えにて審査を申込むことが、おまとめローンの審査に通る秘訣だと考えています。

 

その時はやはりおまとめローンでの申し込みの旨をしっかりアコム・プロミスに伝え顧客に一歩的に有利な借り換えで審査してもらえるようにしなければなりません。

おすすめおまとめローンを選ぶ際の注意点

不況が続く現代社会では、多くの人がカードローンや消費者金融を利用しています。こうした業者もテレビCMや新聞広告などで大々的な宣伝を行っており、一般に対する認知度も高まっています。こうした点からも、

 

 

消費者金融やカードローンに対するニーズというものは多角的になりつつあるといえるでしょう。


さて、消費者金融やカードローンというものの認知度が高まってくると、次に気になるのが『多重債務』です。ひとつの業者で借入できる金額というものは決まっていますので、もっと融資が必要ということであれば必然的に他の業者から借入を受けることになります。この多重債務については、言葉だけ見るとあまり良いイメージはありませんが、

 

 

複数の業者から融資を受けるということ自体はそれほど珍しいことではありません。


たとえば住宅ローンなどでも、住宅金融公庫から借入を受け、足りない分は銀行から融資してもらうといったことはよくあるパターンですので、カードローンの世界においてもこうしたことが行われていることはごく自然なことといえます。

 

こうした『複数業者からの借入』をひとつにまとめてくれるのが『おまとめローン』です。この『おまとめローン』のメリットは、

 

 

やはり返済などが楽になるという点にあります。


複数の業者から契約をしている関係から、融資を受けたお金の返済もそれぞれの業者に対して行う必要があります。

 

そのため、一月の間に何回もATMに足を運んだりする必要がある等、非常に返済が面倒になります。そこで複数業者から受けている融資をひとつにまとめることで、返済すべき先も一本化でき、返済スケジュールもたてやすくなるといったメリットができるというわけです。

 

この『おまとめローン』で注意すべき点といえるのが金利と審査です。このおまとめローンの審査基準は複数ローンをまとめるのですから借入は高額になりますし、銀行カードローンなら金利も低くなる可能性は高いので厳しいものになってしまいます。

 

金利の方は元々の借入先よりも金利が低ければ良いのですが、おまとめローンをすることでかえって金利が高くなってしまい、その結果返済額が増えてしまわないとも限りません。おまとめローンを利用する場合は、特に金利に注意して利用するようにしましょう。

既存の借入を一本化するおまとめローンの審査で必要となる書類について

おまとめローンの審査で重要な書類

おまとめローンは、既存の借入を一本化するものですが、当然ながら申し込んだ人が無条件で利用できるというわけではなく、必ず審査というものがあります。この審査では、おまとめローンを利用するにあたって返済能力などに問題がないかという点が主に確認されることになります。

 

また、審査を受けるにあたり用意しなければならない書類というものもありますので、実際に申し込みをする前に確認しておきましょう。まず、基本的に最も重要視されるのが身分証明書です。これは特におまとめローンに限ったことではなく、

 

 

消費者金融や銀行などで融資を受ける場合には必ず身分証明書が必要


となります。もっとも、おまとめローンを利用するという段階では既にどこかから融資を受けているはずなので、その際に何らかの身分証明書を用意していたと思います。おまとめローンの申し込みでも同様に必要となりますので、期限切れなどがないか改めて確認しておきましょう。

おまとめローンの審査では金額が大きくなるので収入証明も必要

次に必要となるのが、収入証明です。この書類については利用する業者や申し込む金額によって不要となるケースもありますが、おまとめローンの場合はどうしても

 

 

 

融資を受ける金額が高額になりがちなので収入証明が必要


となる場合がほとんどです。書類としては給与明細や源泉徴収票など、その人の所得が確認できる書類であればそれで構いませんので、こちらも併せて用意しておきましょう。特に収入証明については普段それほど見ることがありませんので、紛失していないかどうかを調べておくと安心です。

 

それとともに必要となるのが、既存の借入残高を証明する書類です。おまとめローンの目的は、現在借入を受けているところを一本化することにありますので、現在のところいくら残高があるのかという点を証明する書類が必要となります。

 

場合によっては、借入を受けている業者との契約書類なども必要になってくるケースもあります。おまとめローンは通常の融資とは異なる特殊な手続きとなりますので、用意すべき書類についてもしっかりと確認しておくことが大切です。

 

その他専業主婦カードローンの融資に関しても通常の融資つは異なるので必要書類はしっかりと確認しておきましょう。

おすすめのおまとめローンの利用の仕方

どうしても借入額が大きくなってしまうおまとめローン

おまとめローンは基本的には一般のローンより、金額から比較して利用というものがしやすくなっています。その目的上、借り入れ希望金額が大きくなってしまうのは仕方のないことですし、大きな金額を借りられなければおまとめローンの存在意義がなくなってしまうので、必要性に疑問を感じてしまわないようになっているのです。

 

 

金額が大きくなってしまうけど大丈夫かなぁ・・・


返済を目的としたローンでもありますから、借り入れ目的のものとはタイプが異なるという理由もありますね。ですから基本的には、利用を希望すればそれが通るようになっているのです。それでも審査に通らないということは、すなわち上を見すぎているということでしょう。抱えている残高や自分の収入面から鑑みて、よいローンを利用しようとし過ぎているのです。

おまとめローンの審査に心配な時は?

そういった場合の対処方法は、諦めるか機会を待ってみるかの二択になります。諦めるというのは、他のもっと自分に合ったレベルのおまとめローンに替えてみるということです。

 

 

  • 銀行のおまとめローンを希望していたなら⇒消費者金融のおまとめローンに
  • 大手消費者金融のおまとめローンを求めていたのなら⇒中小消費者金融の商品に

相手を切り換えて審査に挑戦してみましょう。多少金利条件が悪くなったり、返済の手間ができたりしてしまうかもしれませんが、おまとめローンを利用するためには大切なことです。ただやはり中小消費者金融となると聞いた事もない金融業者になってしまうので、審査能力の高い大手消費者金融にとどめておくべきでしょう。

>>大手消費者金融でおまとめローンを検討する

自分の与信に合わせたおまとめローンの審査を受ける

自分には大きい理想だったのだと諦めて、分相応のおまとめローンをターゲットにしてみてください。次に機会を待ってみるという方ですが、これはとりあえずのおまとめローンの使用を諦めるということです。

 

低金利の銀行おまとめローンはある程度高収入の方向けのおまとめローンになりますので、低所得者にはハードルが高くなってしまいます。この低所得者というのは所得の高い低いではなく、

 

 

年収に対して借入残高(まとめたい他社借入)がどれだけのウエイトを占めているのか?


ということです。しかし以前はおまとめ先を選ぶ目安というものがあったのですが、現在ほとんどの銀行カードローンではおまとめローンの申し込みを受け付けていません。なので、

 

    おすすめのおまとめローンは審査能力の高い大手消費者金融


ということになります。半年ないし一年ないし、真面目に返済を続けて残額の量を減らした上で、真摯に返済してきたということを武器にもう一度挑戦してみるということですね。収入が増えていいればさらに利用しやすくなると思います。

 

おまとめローンといってもいくつもの商品が展開しているので、利用できないものはスパっと諦めて、他を当たってみるのも良いでしょう。多重債務を行っている身で、今更焦ったところでほとんど変化はありません。理想を高く持ちすぎず、自分にあった中で快適に使えるローンを利用していってください。